芸能

錦戸亮が武道館初の無観客ライブ開催へ、新たな歴史への反響は

錦戸亮が武道館の歴史を塗り替える(公式サイトより)

 2019年9月にジャニーズ事務所を退所して以降も精力的なソロ活動を続けてきた元「関ジャニ∞」の錦戸亮が、10月8日に無観客オンラインライブ『錦戸亮 ONLINE LIVE “不撓不屈” at 日本武道館』を開催する。日本武道館で無観客ライブが行われるのは、1964年に開館して以来、初めてのことだという。

 1966年に来日したビートルズによる伝説の武道館公演から“ロックの殿堂”というイメージが強かった武道館も、2000年代以降はハロープロジェクトやAKB48グループを始めとするアイドルグループに門戸を開き、ロック以外のジャンルにおいてもひとつの登竜門となっている。

 今回の無観客ライブ開催について錦戸は、「本来なら秋にアリーナツアーを予定していましたが、昨今の状況を鑑みた結果、僕自身初めての配信ライブに挑戦させて頂く事となりました。しかもあの日本武道館で。初めての武道館で初めての配信ライブ。普段から応援して頂いているファンの皆さんはもちろん、初めての方にも届けられると嬉しいです。武道館の無駄遣いを是非ご覧下さい!」とのコメントを発表している。

 ライブタイトルの「孤軍奮闘」という言葉が示すとおり、元ジャニーズ人気アイドルが、長きにわたる日本武道館の歴史を塗り替えることに注目が集まる。そうした中で、やはりロックバンドにとって“ロックの殿堂”である武道館は憧れの舞台。ロックバンドのファンにとっても、贔屓のバンドが武道館公演をするのは目標のひとつだろう。そうしたファンは、今回の錦戸の武道館ライブ開催を、どう受け止めているのだろうか。

 武道館を目指すラウドロック系の某バンドを応援しているという女性ファン・Aさん(10代・女性)は、率直な思いをこう語る。

「私が応援しているバンドは、ちょっとお茶の間志向、コミカル路線のラウドロック・バンドです。ファンも同世代から30代くらいまでが多いのですが、かねてより『武道館、アリーナ、紅白が目標だ!』と大きく夢を掲げています。実際に知名度もアップしてきましたが、現在もライブハウスがメインなので、武道館が実現するのは少し先だと思います。

 錦戸さんが無観客で武道館ライブをするということについて、『さすが元関ジャニさんだ!』と素直にすごいと思いましたね。ジャニーズアイドルは詳しくないですが、若手や中堅バンドの場合はまずは動員を増やすことに心血を注ぐので、無観客でも武道館を貸し切れるのは人気がある証拠だと思います」(Aさん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン