芸能

指原莉乃「飛び入りサインも気軽にOK」の神対応がすごい

指原莉乃がサインに応じる

 9月中旬、都内のスタジオから出てきたタレント・指原莉乃(27才)に、男性ファンが駆け寄ってきた。指原にとっては突然の不意打ちだったが、男性ファンの呼びかけに、きちんと受け答えもしながら、躊躇なくサラっとサインを書き上げた。マスクで笑顔こそうかがえなかったが、元アイドルらしい「神対応」。売れっ子になっても飾らない姿勢が垣間見えた瞬間だった。

 指原が、アイドルグループHKT48を卒業して、早1年半。指原へのオファーは引きも切らない。現在は『今夜くらべてみました』(日テレ系)や『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)などレギュラーMC番組は3本。『ワイドナショー』(フジテレビ系)や『有吉反省会』(日テレ系)などの準レギュラーも含めると、10本以上の出演番組を持ち続ける超売れっ子だ。AKB48の卒業生たちの多くが、アイドル時代に比べて露出が減る傾向にある中、まさに独り勝ち状態である。

 テレビ局の制作プロデューサーは「アイドル時代は毎週末にファン1 人1人と握手会をしていたからでしょう。現場では高飛車な態度など見せずに、ひたすら気さくです」と語った。

 持ち前のサービス精神と高いコミュニケーション能力で、育ての親の秋元康(62才)だけでなく、タモリ(75才)、ダウンタウン松本人志(57才)、中居正広(48才)といった、芸能界の超大物たちの信頼を次々と得てきた指原。

「最近では、プロデュースしたカラーコンタクトレンズがバカ売れ。バラエティー番組で“年収5億円”などとイジられても、笑顔で受け止めて、ますます好感度を上げています。最近では、貯め込んだ貯金で不動産投資を始めたことが報じられましたが、嫌な顔もせずにあっさりと認めていました」(前出・テレビ局プロデューサー)

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン