ライフ

カリスマコーディネーターに聞くハワイ旅行の最新事情

 まず、検疫の必要がない乗り継ぎの乗客から飛行機を降りるので、それ以外の乗客は機内待機。マキさんの乗ってきた飛行機では10分ほどだったという。飛行機を降りたら、事前に渡されて準備しておいた質問票など3枚の書類のチェックを受け、唾液採取場へ。ソーシャルディスタンスを確保し、並ぶ。

 唾液採取場は仕切られたブースになっていて、ここで試験管のような容器に印がついているところまで唾液を入れる。

「ブースには梅干しとレモンの写真が貼ってあるんですよ(笑い)! でも唾液って意外に出てこないの。必要な量まで出すのはけっこうたいへん。泡ではダメで、かなり時間がかかりました。

 だから、飛行機が着陸したら機内から口の中に唾液を溜めておいたほうがいいですよ。もうこれは絶対おすすめします!」

 唾液が出ない場合は、粘膜を採取するPCR検査も選べるが、唾液による抗原検査よりも結果が出るまでに時間がかかる。混雑状況によっても異なるがマキさんの場合、唾液の検査の結果待ち時間は約15分だった。結果が出ると番号で呼び出される。

「成田空港は電光掲示板とかではないので、私は自分の番号が呼ばれたときにトイレに行っていて、遅いなーと思って係員の人に確認したので30分ほどロスしてしまいました」

 陰性であることを証明されると、「陰性」と書かれた赤い紙を渡され、入国審査へ。ただ、ここまでクリアしても入国できないケースがある。10月30日現在、日本国籍や就労ビザがないとアメリカから観光ビザでは入国できないのだ。

「同じ飛行機に乗っていた老婦人がいました。近くにいたので日本の係官とのやりとりが聞こえてきたのですが、彼女は初めての海外旅行で、日本在住の娘に会いに来たそうです。成田空港で滞在先を聞かれ『娘の家です。娘がもう成田空港まで迎えに来ています』とうれしそうに言いました。

 でも彼女が持っているのは観光ビザだとわかった瞬間、対応していた係官が心の底から『ああ、お気の毒に……』と絶望的な表情をしたんです。何とかしてあげたいという気持ちはあってもどうしようもできない」

 係官は上司に問い合わせに行ったが、やはりルールはルール。検査結果も陰性だったのに、日本へ入国できないことになってしまった彼女は、マキさんが貸してあげた携帯で娘さんに残念な連絡をした後、別室に案内されていった。

「それでも彼女は『あなたも係の方もよくしてくれたことに感謝している。日本に悪い印象はないわ』と言ってくれたんです。もう、見ていてほんとに心が痛かった……。4日後にはハワイから私のパートナーが日本へ来ることになっていたのですが観光ビザだったので、すぐに連絡して、結局キャンセルしました」

 ここまでの手続きを経てようやく入国できる。しかし、空港の外に出ても自由に移動することはできない。現時点では陰性でも日本到着から14日間の自主隔離が求められる。

「電車やバスなど公共の乗り物に乗ってはダメで、車を自分で運転するか家族に迎えにきてもらう、あるいはハイヤーを予約しておいて移動します。

 私は家族に車で迎えに来てもらって、そのまま熱海の温泉旅館で14日間の自主隔離をしました。これももちろん事前に、宿泊先に事情を説明して受け入れてもらえるか確認して予約しておきます。コロナ禍での移動は、事前の確認と予約がすべてだと思いました」

 この間、マキさんは一切の外出をせず、ひたすら部屋に籠もっていた。

「いつもアクティブに動いている私が2週間も誰にも会わずどこにも出かけないというのは初めての経験でしたが、本を読んだりゆっくり景色を眺めたり、普段できないよい時間が過ごせました」

 隔離明けには、日本にいる家族が旅館に合流して再会を楽しんだそう。

「今回の帰国の主な目的は、80代の母に会うこと。母は旅行が生きがいだったのですが、自粛で旅行できなくなり、食欲も落ち元気がなくなってしまっていたんです。

 でも妹と一緒に来てくれて温泉に入ったりおしゃべりしたら、お料理もおいしそうに完食。みるみる元気になってうれしかった」

ハワイに行ける日を待ち望んでいる日本人は多い Hawaii Tourism Authority (HTA) / Heather Goodman

 今後、海外旅行の規制も緩和されていくかもしれないが、機内や帰国の手続き、現地での過ごし方など新しい旅行習慣をおさえておくことが何よりも大切。

「これは今回の私の体験でしたが、状況次第で規定が変わるのでフライトの事情や入国の流れなども事前にこまめに調べておいてくださいね。

 ハワイでは10月22日からエステやマッサージ、美容院も解禁になったので、これから観光客の方を迎える体制になってきました。

    私もハワイに戻ったら、日本のホテルやお店の徹底した感染防止対策など今回日本で学んだことをハワイのホテルやサロンなどに伝えます。早く以前のようなハワイと日本の交流が安心して戻るように、希望をもって責任ある行動をしていこうと思っています」

ハワイのカリスマコーディネーター、マキ・コニクソンさん

【プロフィール】マキ・コニクソン/ハワイに20年以上在住し、テレビや雑誌のロケーションのコーディネートを通じて、ハワイの魅力を伝え続けている、ハワイと日本の架け橋。セレブリティとの交友関係が広い。日焼けスヌーピーで人気の『MONI HONOLULU』のショップディレクターほかブランドや店舗のプロデュースも行う。コロナ禍中に通販サイト『Alohappy by Maki Konikson』をオープン。難病と闘う子供たちの夢の実現をサポートする『Make-A-Wish Hawaii』のチャリティ活動など、多岐にわたって活動中。

関連記事

トピックス