芸能

SixTONESメンバーが議論「誰がいちばん戦闘能力が高い?」

SixTONESがこの秋発売した3rdシングル『NEW ERA』について語った(写真/時事通信フォト)

 今年メジャーデビューしたジャニーズの6人組ユニット・SixTONES。11月11日に発売される3rdシングル『NEW ERA』について、メンバーが語る。

田中樹:いろいろなジャンルがミックスされている曲だから、数分の間にいろいろ楽しめるよね。
ジェシー:イントロは和のテイストで、お気に入り!
高地優吾:イントロから惹きつけられるし、サビは疾走感があって。
京本大我:個人的にも大好きなロックサウンドだし、展開を含めて聴きどころが満載!
森本慎太郎:サウンドの変化は聴いていてすごく気持ちいい。疾走感、テンポ、歌詞と体全体で聴いてほしいな。
松村北斗:曲調、歌詞から誰かを引っ張っていけるような力強さを感じるんだよね。“すべてを胸に乗せて”というフレーズも好き。

高地:ダンスは、ファンのみんなもいっしょにできる振りがあるし。
森本:そう。ぜひ真似して、いっしょに踊ってもらいたいな。

田中:『半妖の夜叉姫 -戦国御伽草子-』のオープニングテーマ曲でしょう。もし、戦国時代にタイムスリップしたら、いちばん戦闘能力が高いのって誰かな?
ジェシー:きょも!
松村:ジェシーこそ、武器を手につっこんでいったら強そう(笑い)。
高地:慎太郎じゃない? 戦国時代にいそうな感じが出てるもん。
田中:確かに慎太郎は強そう。
京本:戦闘能力が高そうだよね。
森本:おれだと思う! 動体視力と身のこなしは負けない!。

ジェシー:弱そうなのは樹。
田中:おれ、弱いよ(笑い)。
松村:おれも臆病だから弱い。
京本:高地も弱そう!
森本:確かに。寒がりで、少食だし、いろいろ敏感なタイプでしょ。適応能力が低いと思う!
高地:自分でも弱いと思うよ。戦国時代ならたぶん農民で、いちばんにやられちゃいそうだもん。
全員:あはは!

※女性セブン2020年11月5・12日号

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン