芸能

三浦祐太朗が国立市観光大使に 百恵さんは家族の暴露話容認

大学時代まで国立で過ごした三浦祐太朗(左)。(写真は国立氏ホームページより)

大学時代まで国立で過ごした三浦祐太朗(左)。(写真は国立市ホームページより)

《生まれ育ち、たくさんの時間を過ごしてきた国立市で、観光大使としてPRができることはとてもうれしいです》。こう語るのは、東京・国立市の観光大使に就任したシンガーソングライターの三浦祐太朗(36才)。彼は、三浦友和(68才)と山口百恵さん(61才)の長男だ。

 国立市が、友和&百恵さん夫妻が暮らす町であることは、よく知られた話。もちろん、ここで生まれ育った祐太朗にとっても、思い出の地だ。昨年11月『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演した際、祐太朗は国立市の谷保駅周辺を訪れ、現在も両親はこの町に住んでいることを明かし、町を紹介した。

「祐太朗くんが観光大使になったことは知ってますよ。でも彼はいま、国立を離れ、都心に住んでいるはず。どうして祐太朗くんなのか、不思議に思っていたんです……」(谷保の住民)

 実は、観光大使のオファーは、もともと友和に来ていたのだという。

「オファーを受けたことを友和さんが百恵さんに相談したところ、『観光大使は、SNSを活用して広く発信できる若い世代が適任なんじゃない?』と答えたそうなんです」(三浦家の知人)

 そこで、日頃からインターネット上でSNSを駆使して情報発信をしている祐太朗に白羽の矢が立ったというわけだ。ただ、当初、祐太朗は大使就任を躊躇していたという。

「以前、テレビ番組で『母親にエッチな本を見つけられた』とか、『彼女とラブホテルに入ったら母親の曲が流れて集中できなかった』など、赤裸々に百恵さんとの秘話を暴露し、話題になりました。

 観光大使になれば、これまで以上に家族との思い出を公の場で話さなければいけないと考えたみたいです。でも、思い悩んでいた祐太朗さんに、百恵さんは『楽しい思い出がたくさんあることは幸せなこと。私のことは気にせず、思い出話を披露すればいいよ!』と背中を押したようです」(前出・知人)

 11月に結婚40周年を迎えた友和と百恵さんは、11月16日に発表された『理想の有名人夫婦』ランキング(明治安田生命が実施)で、15年連続で1位に輝いた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン