ライフ

壇蜜、Aマッソ・加納愛子らが選ぶ 「2020年の3冊」

 コロナ騒動により、長い時間家にいることを余儀なくされた2020年。あの人はどんな本を読んだのか? 読書家の著名人4人に「私が選ぶ3冊」を選んでもらった。

●壇蜜(タレント)

『若草物語』L・M・オルコット 訳・吉田勝江(角川文庫)

『若草物語』L・M・オルコット 訳・吉田勝江(角川文庫)

『若草物語』L・M・オルコット 訳・吉田勝江(角川文庫)

 独りっ子の私、可憐な4姉妹の青春の日々に触れたくなりました。大人になってからよむ若草物語……思春期や初恋の描写に返って身悶えます。時代や家柄に縛られていても、女性として強く優しく生きた彼女たちの足跡を辿りましょう。こんな時代ですから。

『意味が分かると震える話』藤白圭(河出書房新社)

『明日から使える死亡フラグ図鑑』茶んた(宝島社)

●武田友紀さん(HSP専門カウンセラー)

『すべて忘れてしまうから』燃え殻(扶桑社)

『すべて忘れてしまうから』燃え殻(扶桑社)

『すべて忘れてしまうから』燃え殻(扶桑社)

 生きることのキツさと複雑さが、優しい眼差しで描かれたエッセイ。過去と現在が入れ子のように展開され「こういうこと、私にもあったよ」とあたたかい気持ちが湧いてくる。一日の終わりに、ごほうびのお菓子を食べるように大切に読みました。

『みみずくは黄昏に飛びたつ』川上未映子、村上春樹(新潮文庫)

『ポリヴェーガル理論入門 心身に変革をおこす「安全」と「絆」』ステファン・W・ポージェス 訳・花丘ちぐさ(春秋社)

●トミヤマユキコさん(マンガ研究者)

『薔薇はシュラバで生まれる 70年代少女漫画アシスタント奮闘記』笹生那実(イースト・プレス)

『薔薇はシュラバで生まれる 70年代少女漫画アシスタント奮闘記』笹生那実(イースト・プレス)

『薔薇はシュラバで生まれる 70年代少女漫画アシスタント奮闘記』笹生那実(イースト・プレス)

 70年代の少女漫画界をその目で見てきた著者が、美内すずえや山岸凉子といったレジェンド達との思い出を、それぞれの作家のタッチで描きます(この描き分けがホントにすごい)。笑いあり涙ありホラーありのエピソードも最高。資料性も高いです!

『A子さんの恋人』近藤聡乃(KADOKAWA)

『爪のようなもの・最後のフェリー その他の短篇』森泉岳土(小学館)

●Aマッソ 加納愛子さん(芸人)

『俗物図鑑』筒井康隆(新潮社)

『俗物図鑑』筒井康隆(新潮社)

『俗物図鑑』筒井康隆(新潮社)

「若い頃、電車で読んでいて笑いがこらえられなかった」とオカンから聞いて、嫉妬して実家から持ち帰った一冊。「親も人間だ」と理解するのには、精神が大人になるよりも同じ本を読むほうが手っ取り早いかもしれない。超俗超おもろ本。

『十二月の十日』ジョージ・ソーンダーズ 訳・岸本佐知子(河出書房新社)

『あるかしら書店』ヨシタケシンスケ(ポプラ社)

※女性セブン2021年1月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン