国内

『サザエさん』『鬼滅の刃』の炎上騒ぎとネット報道を考える

ネットで議論を呼ぶきっかけは様々(イメージ)

ネットで議論を呼ぶきっかけは様々(イメージ)

 多くの人の目に触れる人気コンテンツほど、様々な感想にさらされやすい。とくにSNSでは、それがたとえきわめて少数派のネガティブな意見だったとしても、大きな勢いを持っているかのように見えてしまうこともある。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、『サザエさん』『鬼滅の刃』の炎上騒ぎと、それを報じたネットニュースについて考察する。

 * * *
 作品が作られた当時の時代性と現代の時代性の齟齬をどうすべきか、といった議論は常に起きる。2月21日に放送された『サザエさん』(フジテレビ系)ではカツオから女に生まれて良かったかを聞かれた母・フネが、「良妻賢母で愛嬌が良くって切り盛りうまくて、お料理が上手でおまけにお裁縫が上手。こんな母さん男にしたらもったいないよ」と回答。

 これに対して「時代錯誤だ」などの意見が書き込まれた。この手の件については、何件かの批判的コメントを見つけたネットニュースの記者が「〇〇(作品名)の××という発言で賛否両論(炎上)」と報じた結果、その後実際にネットで大激論になることが多い。ただ、大多数の意見は「そんなことにいちいち目くじらを立てるな」というものではあるが、「賛否両論」「炎上」というキーワードとその作品が紐づけられた結果、数字の上では本当に炎上したことになってしまう。

 人気アニメ『鬼滅の刃』の新シリーズ『遊郭編』をめぐっても同様の事態に。「遊郭」という言葉が子供向けアニメにはそぐわないと意見する人もいた。これを受け、東スポウェブが「鬼滅の刃新作めぐる議論で『炎上騒ぎ』がトレンド入り 森喜朗“失言”の影響も」と報じ、デイリースポーツが〈鬼滅 次回作「遊郭編」で炎上騒ぎ…論争「遊郭を子供に」「女性差別」「過剰反応」〉と報じた。

 ところがその後J-CASTニュースが検証した結果、これらの記事が出る前は〈2月14日~19日の期間、「鬼滅」「遊郭」を含んだツイート約34万件を感情分析すると、ポジティブな反応が25.2%、中立が70.9%、ネガティブが3.8%だった〉とのことだ。よって「炎上騒ぎ」は起こっていないのに、2つのサイトが焚火にガソリンぶっかけて炎上させただけだ。まさにマッチポンプ型の記事制作方法である。そして、これらの記事、アクセスいいんだよ。腹立たしいことにさ。

 さて、『サザエさん』だが、リテラシーの高い層はいちいち目くじらは立てず「時代劇」として捉えている。何しろ三世代同居など珍しいし、黒電話がある家などもはやない。波平とフネのように自宅で着物を着る父母などどこにいる? 番組開始の1969年にはすでに「核家族」という言葉は存在していたため、『サザエさん』の世界観は当時から「1950年代の古き良き日本」的な面はある。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン