ライフ

【書評】『スマホ脳』 薬物依存に似た症状を誘発する恐ろしさ

『スマホ脳』著・アンデシュ・ハンセン

『スマホ脳』著・アンデシュ・ハンセン

【書評】『スマホ脳』/アンデシュ・ハンセン・著 久山葉子・訳/新潮新書/980円+税
【評者】関川夏央(作家)

 コロナ禍による「巣ごもり」で、スマホを手に取る時間が増す。とくに青少年がひどい。高校生の三〇パーセントが、スマホのオンラインゲームへの「依存」を自覚している。以前は「自主規制」できるといっていたが、昨年後半からは、親に制限されないと止まらないと悲鳴をあげている。

 日本の公立小中学校では今年の春から一人一台のパソコンを配布する。とうにそれを実現していた「先進国」スウェーデンでは、大人の九人に一人が抗うつ剤を服用、青少年の睡眠障害が八倍になったと当地の精神科医アンデシュ・ハンセンはいう。スマホ依存の結果だ。日本の大都会の電車でも乗客の八割がスマホを見ている。一割五分が居眠り、残る五分が紙の印刷物を読む。ただし新聞と紙のマンガはもう見ない。

 スマホのスクリーン上にあるのは、ゲームでなければニュース、すなわち「情報」だ。正常人でも十分間に一回はスマホについ触れるのは、つねにあたらしい「情報」を欲しがる人間の性癖につけこんで「依存」を誘発するよう設計されているからだ。スティーブ・ジョブズは、自分の子どもにはスマホを持たせないといった。

 真偽が「校閲」されていない「情報」を、私たちは紙より数倍速く読む。そのうえ、人は遺伝子的に悪い噂とフェイクニュースを選好する。げんにトランプの「トンデモ発信」を信じるアメリカ人が何千万人もいた。

 スマホが安価にネットとつながったこの十年、薬物依存に似た症状が世界に蔓延した。人類史上最大の「進歩」と「変革」をもたらしたスマホは、巨大な「災厄」をも連れてきた。原子爆弾の発明に似ている。

 この本が読まれる動機は、人々の漠然とした、しかし深刻な「不安」だろう。なのにその対症療法が、寝室にはスマホを置かず、日々軽い運動(散歩でよい)をする、その程度でしかないというのでは、「不安」を無理にでも「あきらめ」に変えるよりほかに手だてはなさそうだ。

※週刊ポスト2021年3月12日号

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン