芸能

志村けんさん一周忌 実兄・知之さんが語る1年「遺品整理で唖然」

志村けんさんが飼っていた柴犬「殿くん」は今どこに?(時事通信フォト)

志村けんさんの兄・知之さんが語る1年(時事通信フォト)

「弟にむけた曲があるっていうのは、テレビで見て知っていたんだけど、いざ曲を聴いたら、もう、泣けて仕方がなくてね……」

 こう語るのは、志村けんさん(享年70)の兄・知之さん(74才)だ。彼が聴きながら目に涙を浮かべていたのは、吉幾三(68才)が1月下旬にリリースした『二人のブルース』。知之さんもまた志村さん同様、吉のファンだというが、リリースされてすぐには聴くことができなかったという。

「吉さんの歌声は、独特の深みや味わいがあって、胸を打つんだよね。弟がちびちびとお酒を飲んでいる姿を思い出して、とにかく涙が止まりませんでした」(知之さん・以下同)

 最愛の弟である志村さんを失ってから1年。ようやく落ち着きを取り戻しつつあるという知之さんが、この1年を振り返る。

 知之さんが志村さんと最後に会ったのは、亡くなる1か月ほど前の2020年2月25日。麻布十番の寿司店で開かれた志村さんの古希を祝う会だった。

「息子(志村さんの甥)が選んだ紫色のちゃんちゃんこを着て、終始楽しそうだった。“今年はドラマと映画でも頑張らないと”と話していたんだよね」

 ドラマとは、NHK連続テレビ小説『エール』、映画とは初主演の予定だった山田洋次監督作『キネマの神様』のことだ。来年の誕生日もみんなでお祝いをできるとばかり思っていたが、その願いは叶わなかった──。

 通夜と葬儀は2020年4月11日と12日に親族のみでとり行われ、四十九日法要もひっそりと済ませた。コロナ禍という状況を鑑み、関係者やファンが参列できるお別れ会はまだ開催されていない。その影響もあるのだろう。「志村さんに感謝を伝えたい」と、東京・東村山市内にある志村家のお墓を訪れるファンが後を絶たないという。墓を掃除して花を手向けたり、手紙を置いていくファンも多く、その数は段ボール3箱分以上にもなっている。ファンの心残りは、いまだ開催されていない「お別れの会」だ。

「お別れの会については、まだ何も決まっていないんです。いまのところは、オンラインでの会も予定していません。一周忌の法要も親族のみで行う予定です」

 三鷹市内にある志村さんの自宅も、まだ整理が進んでいないそうだ。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン