国内

パパ活女子は飽和状態 全体的な相場が下がり、値下げ交渉も活発に

「パパ活」の最新事情とは?(写真はイメージ)

「パパ活」の最新事情とは?(写真はイメージ)

 親子ほど年の離れた男女が金銭を介して食事や性行為を共にする「パパ活」。この単語が使われ始めたのは、2015年前後のことだ。当初は「性行為を伴わず、お茶や食事をするだけで金銭をくれる男性(パパ)を探す行為」といった意味合いだったが、その概念が浸透するにつれて、肉体関係を持つ場合も「パパ活」に含まれるようになった。

 素人女性と出会い、デートや肉体関係の見返りに数万から数十万の金銭を渡す──そう聞くと、縁のない世界だと感じる男性も多いかもしれない。しかし、近年ではマッチングアプリやSNSなどの“インフラ”が整い、男女ともにパパ活を始めるハードルは驚くほど低くなっている。女性は女子大生から50代、60代まで幅広い世代がパパを求め、必ずしもお金持ちやイケメンとは言えない男性が対価を支払っているのだ。

 マッチングアプリでは、例えばiPhoneのアプリ検索機能で「パパ活」と検索すると、無数のマッチングアプリが表示される。直接的に「パパ活」と謳っているわけではないが、「最短即日出会える」などのキーワードで会員を集め、実質的にパパ活に使われているアプリも存在する。個人間の交渉となるため、性的被害や金額などをめぐるトラブルが起こるケースもある。

“斡旋女子”が仲介するケースもある。自らもパパ活をしながら、パパ男性とパパ活女子を繋いで仲介料を得ることで、本業を持たずに“パパ活収入”だけで生活する女性もいる。顔見知りだけに紹介するケースもあれば、SNSなどで数百人規模を相手に仲介するケースもある。

 交際クラブは、会員男女の出会いを仲介し、対価として男性から月額会費や紹介料を受け取ることで成立するビジネスだ。建前としては「出会いを仲介するだけ」だが、会員登録する女性には「性交に伴うギャラの希望額」を尋ねているケースが多い。

 実際にパパ活に勤しむ20代女性からは「500万円くらいの貯金があって、収入が高すぎない男性のほうが、頑張ってお金を工面してくれた」との証言もあった。そうしてひと月に数百万円を稼ぎ、“パパ活一本”で生計を立てる女性もザラにいるという。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン