国内

LL教室、焼却炉、わら半紙など 令和の小中学校から消えゆくもの

ハンドソープに

網に入った石鹸はなくなりハンドソープに(時事通信フォト)

 小中学生の学校の環境や過ごし方は、親世代が通っていたころと今とでは、大きく異なるものになっている。そこで、親世代が小中学生だった昭和や平成初期にはあったが、令和の小中学校から消えてしまったものを紹介しよう。

LL教室はなくなりパソコン教室に

LL教室と親世代

LL教室という響きがなつかしいと思うのは親世代。コンピューター室に(時事通信フォト)

 英語学習のために使われてきたLL(Language Laboratory)教室は、オーディオ機器やシステムの老朽化が原因で廃止に。

「LL教室に代わる特別教室・コンピューター室では、Zoomを使ったオンライン授業を行うこともあります。ほかの学校に在籍されている専門性の高い先生の授業をライブで受けたり、大学教授による特別授業を受けたりすることも」(中学校教諭A)

ネット石鹸からハンドソープに

 手洗い場などでおなじみのネットに入った石鹸は、コロナの影響から、プッシュ式のハンドソープに取って代わられた。

「登校後、体育後、給食前など、先生が誘導して1日に何回も手洗いタイムがあるそうです。先生も子供たちも大変ですよね」(小2保護者)

白線用の消石灰がスポーツ石灰に

石灰が風で舞い上がっていた懐かしの風景は…

石灰が風で舞い上がっていた懐かしの風景は…(写真/GettyImages)

 運動会や体育の授業、部活などに使われてきたグラウンド用の白線も、材料が変わっている。

「昔の白線の原材料は消石灰で、土の酸度調整をするための強いアルカリ性のものでした。そのため、目に入ったりすると健康上よくないと文部科学省からの指導があり、より安全な炭酸カルシウムが使われるようになりました。名称も、スポーツ石灰といいます」(中学校教諭A)

焼却炉が姿を消した

 2000年にダイオキシン類対策特別措置法が施行されて以来、焼却炉の使用は禁止されている。

「学校で出るゴミは一般家庭と同じく、分別して捨てています。使わなくなった焼却炉は撤去や処分した学校がほとんどですが、もし焼却炉が残っていても、そこで物を燃やすのは消防法に違反するのでNGなんです」(小学校教諭B)

わら半紙が姿を消した

 ざら紙ともいわれ、長らく学校での印刷物に使われてきたわら半紙だが、令和の時代にその姿を見かけることは皆無となった。

「いちばんの理由は、わら半紙の値段が高騰したから。いまは上質紙より高級なんです。児童に配るプリントは、上質紙またはリサイクル紙を使い、自分用や教師同士には裏紙を再利用するなどしています」(小学校教諭B)

腰洗い槽がなくなった

 プールの前に、必ず腰までつかった腰洗い槽は、2001年に撤廃。

「腰洗い槽の高濃度の塩素水が、過敏な体質の児童生徒には強すぎたんです。ろ過装置付きのプールであれば菌が繁殖する可能性は極めて低く、シャワーの洗浄でも充分殺菌できると判断されました」(小学校教諭C)

座高測定が廃止

 戦前から70年以上も続いてきた座高測定は、2015年度限りで廃止。

「内臓の発達具合で健康度がはかれるとして、上半身を測定するのが狙いでしたが、現代にはもっと優秀な測定方法があるということでなくなりました」(小学校教諭D)

男女共、体操着はハーフパンツ

体操着は基本的にハーフパンツに

体操着は基本的にハーフパンツに

 性的対象に見られるのが嫌だという声を受け、女子の密着型ブルマーは2004年頃に廃止。男女共ハーフパンツを着用している。

「制服や体操着などの校則も変わってきていて、体操着や上履きも学校指定でなくていいというところも。教師としては、ジャージーのラインの色などで学年が一目でわかる方が便利なんですが……」(中学校教諭A)

アルコールランプは使わない

ゆらゆらと揺れるアルコールランプの火はいまや消えつつある

ゆらゆらと揺れるアルコールランプの火はいまや消えつつある

 理科の実験でおなじみのアルコールランプも姿を消した。

「アルコールランプは三脚と金網、マッチと使うアイテムが多く、かつ手順も守らなければならないので、技術を習得するのが大変でした。1990年にはアルコールランプを使った実験中に小6女児が大やけどを負う事故が起きたこともあり、安全で手軽なガスコンロへと切り替わっています」(小学校教諭D)

取材・文/辻本幸路

※女性セブン2021年4月29日号

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン