芸能

日テレ岩田絵里奈アナがイケメン男性と肉食デート“スッキリ”撮

日テレ岩田絵里奈アナがオフを満喫(写真/ロケットパンチ)

日テレ岩田絵里奈アナがオフを満喫(写真/ロケットパンチ)

 4月中旬のある土曜日、都内の高級焼肉店で、満面の笑みで男性と向かい合う女性がいた。この春から朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)のサブMCに就任した岩田絵里奈アナ(25)だ。

 メインMCの加藤浩次(52)が吉本興業を辞めたばかりで番組の先行きが不安視されたが、視聴率は好調。岩田アナも余裕が出てきたのか、この日は束の間のオフを満喫していたようだ。

「サブMCはエースの水卜麻美アナ(34)からの引き継ぎでしたが、彼女は堂々としている。初日はMCの加藤(浩次)さんから『岩田さんは今日すごいミスると思うな』といじられていましたが、ニュース読みもきっちりしているし、加藤さんのいじりにもソツなく対応しています。

 大御所と接しても物怖じしない度胸もある。『世界まる見え!テレビ特捜部』(日テレ系)で共演している(ビート)たけしさん(74)や所(ジョージ)さん(66)も彼女を絶賛しています」(日テレ関係者)

 岩田アナの食事のお相手は、胸板が厚く、がっちりしているスポーツマンタイプで、ウエンツ瑛士似のはっきりした目鼻立ちが特徴的だった。

 岩田アナはこの男性の向かいに座り、ビールを片手に終始笑顔。2人でスマホを覗き込み、顔を近づけ合う場面もあった。

 夜9時、男性と店から出てきた岩田アナは「今日はありがとうございました。ご馳走様でした」とにこやかに頭を下げた。その後、2人はタクシーに乗り込んだが、岩田アナは近くの駅で降り、そのまま帰っていった。

「彼女は実家暮らしなんです。最近は周囲に『ひとり暮らししたい』『恋もしたいなー』なんてこぼしていますが、今は私生活より仕事を充実させたい気持ちが強いのでは」(岩田アナの知人)

 日テレに聞くと、「社員のプライベートはお答えしません」(広報部)とのこと。当分、パートナーは加藤浩次だけ?

※週刊ポスト2021年5月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン