芸能

日テレ岩田絵里奈アナがイケメン男性と肉食デート“スッキリ”撮

日テレ岩田絵里奈アナがオフを満喫(写真/ロケットパンチ)

日テレ岩田絵里奈アナがオフを満喫(写真/ロケットパンチ)

 4月中旬のある土曜日、都内の高級焼肉店で、満面の笑みで男性と向かい合う女性がいた。この春から朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)のサブMCに就任した岩田絵里奈アナ(25)だ。

 メインMCの加藤浩次(52)が吉本興業を辞めたばかりで番組の先行きが不安視されたが、視聴率は好調。岩田アナも余裕が出てきたのか、この日は束の間のオフを満喫していたようだ。

「サブMCはエースの水卜麻美アナ(34)からの引き継ぎでしたが、彼女は堂々としている。初日はMCの加藤(浩次)さんから『岩田さんは今日すごいミスると思うな』といじられていましたが、ニュース読みもきっちりしているし、加藤さんのいじりにもソツなく対応しています。

 大御所と接しても物怖じしない度胸もある。『世界まる見え!テレビ特捜部』(日テレ系)で共演している(ビート)たけしさん(74)や所(ジョージ)さん(66)も彼女を絶賛しています」(日テレ関係者)

 岩田アナの食事のお相手は、胸板が厚く、がっちりしているスポーツマンタイプで、ウエンツ瑛士似のはっきりした目鼻立ちが特徴的だった。

 岩田アナはこの男性の向かいに座り、ビールを片手に終始笑顔。2人でスマホを覗き込み、顔を近づけ合う場面もあった。

 夜9時、男性と店から出てきた岩田アナは「今日はありがとうございました。ご馳走様でした」とにこやかに頭を下げた。その後、2人はタクシーに乗り込んだが、岩田アナは近くの駅で降り、そのまま帰っていった。

「彼女は実家暮らしなんです。最近は周囲に『ひとり暮らししたい』『恋もしたいなー』なんてこぼしていますが、今は私生活より仕事を充実させたい気持ちが強いのでは」(岩田アナの知人)

 日テレに聞くと、「社員のプライベートはお答えしません」(広報部)とのこと。当分、パートナーは加藤浩次だけ?

※週刊ポスト2021年5月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン