ライフ

「座りすぎ」が健康に及ぼす悪影響 1時間座れば寿命が22分縮む?

(写真/Getty Images)

座る時間が長いほど、寿命が縮んでいく(写真/Getty Images)

【NEWSポストセブンプレミアム記事】

「いやだわ、あの人。あんなに若いのに優先席に座ってる」……そう心の中でつぶやき、疲れた脚にムチ打ってつり革につかまっているあなたは素晴らしい。なぜなら、いまの日本人にとって、立っていることこそ、健康を保ち、寿命を延ばす秘訣だからだ──。

 家にこもりっぱなしでいると、体を動かす機会が減り、気づけば一日中いすやソファに座ったままだった、ということも珍しくない。

 早稲田大学スポーツ科学学術院教授の岡浩一朗さんは、コロナの影響で、日本人は1日あたり40分近く、座位時間(仕事や移動、食事なども含めた、すべての座っている時間)が増えたと話す。

「平均的な日本人は、1日のうち55~60%近く、座って過ごしていることになります。掃除などの強度の低い活動をしている時間は、1日の35~40%、ウオーキングやランニング、スポーツに匹敵するような中強度以上の活動をしている時間は、1日のうちわずか5%程度でしかないのです」

 もともと、日本人の座位時間は、平均して1日8~9時間程度。NPO法人予防医療推進協会理事長の佐々木さゆりさんによれば、これは世界で最も長いという。

 ただでさえ「座りっぱなし」の日本人は、この自粛生活でますます立ち上がらなくなっているのだ。

座れば座るほど寿命が縮んでいく

「確かに、座りっぱなしだと肩がこったり、腰が痛くなったりするのよね。でも、死ぬわけじゃないし……」と高をくくってはいないだろうか。

 1950年代、世界的な医学誌『ランセット』に、ある研究報告が掲載された。英ロンドンの2階建てバスの車掌と運転手では、運転手の方が心臓病などによる死亡リスクが高いことがわかった。同じ労働時間でも、ずっと座っている運転手の方が、1階と2階を移動して乗客の切符を切ったりする車掌よりも死亡リスクが高かったのだ。

「座位時間と死亡リスクの関係は20年ほど前から本格的に研究されるようになり、2012年には、1日に11時間以上座っている人は、1日の座位時間が0~4時間の人よりも、40%も死亡リスクが高いことがわかりました。

 さらに、オーストラリアの研究では、1日に4時間以上、座ってテレビを見ている人は、その時間が2時間未満の人と比べると、死亡リスクが1.5倍にもなっている。

 これをもとに試算すると、座っている時間が1時間延びるごとに、余命は22分ずつ縮んでいくことになります」(岡さん・以下同)

座っているだけで全身の機能が衰える

 ではなぜ、ただ座っているだけで、寿命が短くなるのだろうか。大きな要因の1つは、血流の低下だ。

「人間の筋肉は、その70%が下半身にあります。座位時間が長く下半身を動かさないでいると、“第二の心臓”とも呼ばれるふくらはぎが、下半身の血液を心臓に押し戻すポンプとしての役割を、充分に果たせなくなるのです」

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン