スポーツ

大林素子が語る全日本ユニフォーム「ブルマに誇りを持っていました」

大林素子が代表ユニフォームについて振り返る(写真=岡沢克郎/アフロ)

大林素子が代表ユニフォームについて振り返る(写真=岡沢克郎/アフロ)

【NEWSポストセブンプレミアム記事】

 いよいよ開幕する東京五輪。女子バレー日本代表選手12人が6月30日に発表され、メダルを目指す。彼女たちが身にまとって戦いに挑む代表ユニフォームは、1964年の前回東京五輪以降、何度もデザインが変更されてきた。3回の五輪出場を経験した全日本のエースアタッカーが、その歴史を振り返る。

 * * *
「私ほどいろんなタイプのユニフォームを経験した女子バレーボール選手もいないでしょう」

 そう笑うのはサウスポーの元全日本エースアタッカーである大林素子さん(54)だ。初めて選出されたのは1985年で、八王子実践高校3年生の時。当時のユニフォームは長袖のシャツにブルマというオールドスタイルだった。女子バレーボールが正式種目となり、“東洋の魔女”が金メダルを獲得した1964年東京五輪に近いユニフォームだ。

「東洋の魔女の時は、いわゆる“ちょうちん(提灯)ブルマ”と呼ばれるダボッとしたブルマですよね。一方、その時の決勝の相手であるソ連は、もう少しフィットするタイプのブルマを採用していて、日本を含めその後のユニフォームの主流となりました。結局、全日本女子は1996年のアトランタ五輪までブルマを履くことになります」

 五輪は1988年のソウル大会、1992年のバルセロナ、そしてアトランタを経験した。ユニフォームは戦闘服──。だからこそ、着こなしには人一倍、こだわった。

「私たちの時代は、ブルマが嫌だとか、恥ずかしいとかは1ミリもなかったかな。同時に、コート上は夢を叶える場所だから、自分が自分らしくあるために、“魅せる”ことも意識しました。

 特に(1995年に)イタリアのセリエAを経験してからは、ブルマに対しても強いこだわりを持つようになりました。どうせならかっこよく見られたい。ブルマをハイレグにカッティングして、着ていましたね。陸上のフローレンス・ジョイナーさんがハイレグのユニフォームで世界の注目を集めていた。私も憧れました」

 上着をブルマの中に“イン”するのか、“アウト”にするかは時代によって異なる。

「現在はアウトが主流です。全日本では1985年のW杯の時まではアウトになっていたと思うんですけど、ジャンプした時にお腹が見えてしまうことが教育委員会で問題になったらしく、また、単純に見た目にもだらしないとのことで、インになったようです。

 私は髪型もこだわっていました。『アタックNo.1』の(主人公である)鮎原こずえちゃんに私はなりたかった。だから誰よりも高い位置でポニーテールを結び、ゴム紐もユニフォームの色にあわせて白や赤を選んでいました。ただ、実力も無いのに格好だけと思われたくなかったので、トップ選手になってから意識したことですが」

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト