スポーツ

1964年東京五輪 選手村料理人の感動「米ソの選手が仲良くしていた」

東南アジアなどの選手向けの「富士食堂」の料理人だった鈴木勇さん

東南アジアなどの選手向けの「富士食堂」の料理人だった鈴木勇さん

 開幕目前となった東京五輪。選手村ではセレモニーや取材などが大きく削減され、閑散とした状態だ。各地での事前キャンプなども中止となり、世界の選手との交流の機会は失われつつある。

 一方、1964年の東京五輪の選手村では、貴重な交流や、活気ある盛り上がりが見られたという。選手村で行われた着物の着付けサービスは外国人選手に好評で、連日選手が訪れた。

 選手村跡地に整備された代々木公園内には、オランダ選手が利用した宿舎が保存されている。また、記念宿舎の周囲には五輪に参加した国の代表的な樹木が種子から育てられ、植えられている。

 当時、選手向けの食堂が整備されたことも注目された。そのうちの一つで、東南アジアなどの選手向けの「富士食堂」の料理人だった鈴木勇さん(81)が語る。

「勤務先の洋食店の勧めで選手村の料理人となり、貴重な体験を記録しようと厨房や選手村の様子を写真に収めました。選手村では冷戦中のアメリカとソ連の選手が仲良くしていて、これが平和の祭典なのかと感動しました。ただしそんな余裕も数日だけ。約7200人分の3食を300人で作るため、途中から記憶がないほど忙しくなりました。

 重量挙げの三宅義信さんが金メダルを獲って挨拶にきてくれた時は、『食事が喜ばれているんだ』と厨房の励みになった。東京五輪での経験が後の料理人人生の大きな支えとなりました」

 選手村で選手に声をかけると、「OK!」と気軽に記念撮影やサインに応じてくれたことも明かした。「大鍋は人が入れそうなほど巨大でした」とも振り返る。

 当時は、「ノイローゼげき退作戦」という防疫通信をはじめ、外国語用語集など従業員に様々な手引きが配布された。

※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン