国内

麻生財務相「『こち亀』作者は鳥山さん」発言の後に「秋山さんでした」

本当に読んでいた?(写真は2008年11月/時事通信フォト)

本当に読んでいた?(写真は2008年11月/時事通信フォト)

「下々の皆さん」「民度のレベルが違う」「セクハラ罪という罪はない」──。これまで数々の失言を残してきた麻生太郎財務相。今度は得意分野での失言が飛び出した。

 7月20日、財務省では麻生氏による閣議後記者会見が行なわれた。16日には、国が森友学園問題で自殺した近畿財務局の元職員・赤木俊夫さんの妻の求めに応じて、赤木さんが改ざんについて遺した「赤木ファイル」の原本を裁判所に提出していた。会見ではそのことについての見解が本題になると思われていたが、記者たちを驚かせたのは別の発言だった。全国紙記者が語る。

「森友問題をスクープした大阪日日新聞記者の相澤冬樹さんが質問した際に、人気マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社刊)の新刊が5年ぶりに発売されるという話題に触れたんです。麻生さんも“マンガ通”なので嬉しそうに語り出したのですが、そこで驚きの発言があったんです」

 一体どんなやりとりがあったのか。質問した相澤氏に話を聞いた。

「場を和ませてから本題に入ろうと私がマンガの話を振ると、麻生さんは『鳥山さんか。鳥山というのはこち亀を描いてる葛飾区に住んでいるおじさんだけど……』と言い出したんです。恐らく同じ『週刊少年ジャンプ』の人気作『ドラゴンボール』の作者・鳥山明さんと勘違いしたのでしょう。思わず、『こち亀は秋本治さんだろ!』とツッコみそうでした」

 明らかな取り違えに、“ささやき職員”が助け船を出した。

「横からサッと財務省の職員が飛んできて耳打ちしたんです。ただその職員も『秋山さんです』と間違えていた(笑)。麻生さんもそのまま『秋山さんでした、ごめんなさい』と言い、また職員が飛んできてやっと『秋本さんでした』と。もはや漫才のようでした」(同前)

 麻生氏は2014年に誕生した超党派の議員連合「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」の最高顧問だけに、少々恥ずかしいミスである。

 さらに首相在任中の2008年には同作のイベントにゲスト出演していたほか、かつては自身のブログに「『こち亀』を読んで笑えないと体調が悪いのかなと、週1回の体調チェックのようになっている」と記したこともある。2016年に連載終了が発表された際には、記者団に対して「とても残念」と述べている。麻生氏いわく「お気に入り作品」なのだ。

 こうした発言で一部のマンガファンから支持されていただけに、今回の“疑惑”は批判の的になるかもしれない。

※週刊ポスト2021年8月13日号

5人が初入閣を果たした

副総理・財務大臣のポジションを続ける麻生大臣(写真は2020年9月の組閣時)

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン