スポーツ

大迫傑のラストラン 五輪マラソンコースに「ヒグマ出没」は大丈夫?

「東京五輪を競技人生の最高のゴールにする」と話した(時事通信フォト)

「東京五輪を競技人生の最高のゴールにする」と話した(時事通信フォト)

「ラストレースにします」──。8月8日、東京五輪閉会式の日に北海道札幌市で行われる陸上男子マラソン。日本代表の大迫傑(すぐる、30才)は7月29日、東京五輪を最後に引退すると発表した。

「『次があるという言い訳を強制的になくしたい』と話す姿に、筋金入りの負けず嫌いである彼らしさを感じました」(スポーツ紙記者)

 そんな彼を支えるのが妻のあゆみさん(32才)。元SKE48研究生のあゆみさんは、不安を抱えているという。

「大迫選手は、大学3年次にはあゆみさんと結婚し、長女を授かっていました。箱根駅伝をパパとして走った学生なんて、ほかにいないんじゃないかな(笑い)。

 あゆみさんはアスリートフードマイスターやアクティブスリープ指導士の資格を取り、献身的に大迫選手に尽くしてきました。だからこそ、マラソンコースに迫る脅威に、彼以上に怯えているようです」(前出・スポーツ紙記者)

 迫りくる脅威──それは、ウイルスでも、猛暑でもない。

「ヒグマがマラソンコースに出没する可能性があるんです」(全国紙社会部記者)

 今夏、北海道のヒグマによる死傷者は、1962年の観測開始以来、過去最多となった。

「6月、コースから2kmほどしか離れていない札幌市街地にヒグマが出没。4人が襲われ、重軽傷を負いました。野生だと、大きいもので体長3m弱、体重400kgほど。そのうえ、巨体ながら時速60kmものスピードで走るなど、驚異的な運動能力を秘めます」(前出・全国紙社会部記者)

 さらに、街に下りた後、現在も逃走中のヒグマが何頭もいるという。

「特に危険なのは、7月、函館市から車で約1時間半の福島町で、77才の女性を食い殺したヒグマです。最初に見つかったのは引きちぎられた足で、遺体の損傷は判別がつかないほど激しかったとか……。

 人肉の味を覚えたヒグマはその味を求めるため、ふたたび人間を襲う確率が高い。本来ならすぐさま駆除が必要ですが、8月3日現在、いまだ見つけられていません」(前出・全国紙社会部記者)

 予想外のリスクをも乗り越え、有終の美を飾ってほしい。

※女性セブン2021年8月19・26日号

関連記事

トピックス