スポーツ

絶体絶命の中田翔 後輩への“いじり”が激しくなっていったワケ

中田翔

現在は出場停止となっている中田翔(時事通信フォト)

 後輩投手への暴力行為があったとして、日本ハム球団から無期限の自宅待機と出場停止処分を受けた中田翔(32)。8月16日、それまで沈黙を続けていた栗山英樹監督が「正直、このチームでは難しいかなっていうのは思っている」と遠征先の神戸で口を開いたことで、事態は一気に動き始めたという。

「中田は球団施設での個人の練習は認められているが、チーム練習にも参加できず、ユニフォームの着用も認められていない。マシンを使ったトレーニングはしているようだが、自宅で大人しくしている。チームは最下位に低迷しており、もはや4番中田翔の打撃を期待する段階ではなく、チームの立て直しのほうが優先される。もう今シーズンは試合に出場できないでしょう」(スポーツ紙デスク)

 中田は今年3年契約の最終年だが、腰痛に悩み、39試合で打率.193、4本塁打、13打点の成績で、年俸3億4000万円に見合った成績が残せていない。

「大幅減俸は避けられないが、解雇かトレードになる可能性もある。日本ハムは新球場移転(2023年3月)に合わせてチームカラーを一新させたい。暴力のイメージがある中田を置いておきたくないのです。ただ新監督に稲葉篤紀氏を迎えるのが既定路線で、中田とは良好な関係というのが唯一の救いです」(社会部記者)

 絶体絶命のピンチだが、週刊ポストではそんな中田が今年3月、緊急事態宣言が解除される前日に後輩選手2人を連れて外出する様子をキャッチしていた。この日はオープン戦の最終日。宿泊先の都内のホテルからいずれもスウェットの上下というラフなスタイルで出てきた3人は、手ぶらでスマホをいじりながらタクシーに乗り込み出掛けていった。

 3人がホテルに戻ってきたのは日付をまたいだ深夜0時過ぎ。従業員入口から隠れるようにして中に入った。翌日の中田のインスタグラムには“開幕に向けて頑張るで!!”というコメントとともに、3人の顔アップ写真が掲載されていた。

 当時は球団から締め切りまでに回答は得られなかったが、後日球団から中田ら3人に厳重注意があったという。

「中田にはNPBの『コロナ感染予防ガイドライン』を守るように注意があったが、こっぴどく叱られたのは後輩たち。『中田の誘いを断わるように』と厳しく言い渡された。他の若い選手たちにも徹底されたようです。中田に誘うなといっても反感を買うだけなので、誘われる側を徹底管理するようにした」(前出・スポーツ紙デスク)

 中田はチームのリーダー格で、若手からも慕われているという。かつて交流戦で広島に宿泊した時は、チームメイトを実家に招待したりしていた。

「しかし、中田の愛情表現のひとつである独特のスキンシップに違和感を覚える若手もいたようです。相手を小突いたり蹴ったりするが、そんな中田の“イジリ”に不満を抱いたり、本気で嫌がる選手も少なくなかった」(球団関係者)

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン