芸能

野田洋次郎、愛用Tシャツは時価5万円のヴィンテージ「洋服でアガる」

Tシャツ姿で現れた野田

プリントTシャツ姿で現れた野田

 公開中の映画『キネマの神様』の舞台挨拶を終えたロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎(36)は、ホワイトでまとめたラフなコーディネートだった。

 印象的なプリントのTシャツは、ともに人気デザイナーである藤原ヒロシと高橋盾による伝説的ブランド「AFFA」と小泉今日子がコラボしたときのものだろう。いまやプレミア化した逸品で、フリマサイトでは5万円の値がつけられていることもある。野田はこちらのシャツを7月に行われた自身の誕生日会でも着用しており、どうやらお気に入りのようだ。

 音楽活動はもちろん、野田は独特のファッションセンスでも注目を集めている。ネット上には野田の私物を特定して、どこのブランドのアイテムか紹介するサイトがいくつも存在する。また、ファッションに特化したSNS「WEAR」には、野田風のコーディネートを投稿する若者が大勢いる。彼らにとって、野田は人気ミュージシャンであると同時にファッションリーダーなのだ。

 野田もインタビューなどで自身のファッションについて語ることが多い。スタイリストが選ぶ服に「着せられている」感を覚え、自分に本当に似合うものを探しているうちに「面白い服の着方をする」と褒められるようになったそう。音楽活動においてもファッションは重要な役割を負っているらしく、2017年にはWEB版『GINZA』のインタビューでこのように語っていた。

〈人の日常は一定ではないので、その日に必要な服があると思っているんですよね。録音する曲の種類によっても、気分が全然違う。単純にボトムの太い細いで音の感覚も違うし。結構気に入った洋服に、気持ちをアゲてもらったりすることも多い。逆に、全然合わない格好だと、気持ち悪くて帰りたくなる。着替えに帰るまではいかないけど、スタッフの人にお願いして、カーディガンを取りにいってもらったことはあるかな(笑)〉

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン