芸能

コロナ感染のモデルemma「フジロック参加」直後の陽性反応だった

MVでかつて常田と共演したemma

感染が発表されたemma

 モデルのemma(27才)の新型コロナウイルス感染が、所属事務所から発表されたのは8月24日。23日に発症したとのことだが、彼女の感染が音楽関係者の間で大きな騒動になっているという。

 ある彼女の友人は「実はemmaさんは、今年4月に交際が報じられたKing Gnu常田大希さん(29才)のステージを見るために、フジロック・フェスティバル(8月20~22日)に参加していたんです。このことを知っている音楽関係者もいますが、発表しにくい状況なんです」と明かした。

 彼女をフェスで目撃したという音楽関係者が語る。

「彼女の姿は数年前からフジロックで見かけています。今回は一般客ではなく、関係者枠で来場していました。コロナの潜伏期間は平均4~5日と言われていますが、emmaさんがフジロックで感染した可能性がゼロだと断言できないでしょう。今後、運営側のスタンスが問題視されるかもしれませんね」

 バツが悪かった。同じ24日。フジロックの公式サイトは「現在のところ、会期中の会場においては、ひとりの陽性者も確認されていないことを、まずはご報告させていただきます」と、陽性者ゼロを強調するコメントを出していたからだ。

 あるレコード会社関係者は「コロナ感染自体は、もはや致し方ないところ。厳重に予防をしていても感染する例もありますから。ただ、フェス終了直後に陽性者ゼロを断言してしまうのは、急ぎすぎたのではないか。“会期中以外に発症しても我々とは無関係”、というスタンスなんでしょうが、潜伏期間を考慮するなど、もう少し正確な調査結果を公表すべきだったという声はあるようです」と残念がった。

 フジロック側は可能な限りのコロナ対策はしていた。実際、アルコールは禁止され、一部の客を除き、ほとんどの人が密を回避し安全なライブ鑑賞に努めていた。しかし、そもそも3万5000人以上も集めるイベント。自主性に委ねる新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の登録などは、100%にはならないし、感染対策には限界はある。

 前出のemmaの友人は、「彼女は常田さんに迷惑は絶対にかけられないと、フジロックに行く前から外出を控えるなど感染対策を徹底。現地でも関係者席からは出ず、一般客とは触れ合わないようにしたりと、とにかく気をつけていた。彼女がどこで感染したかはわかりません。ただ、フジロック側がすぐに“陽性者ゼロ”と発表したことで、彼女に限らず、真実を明かしにくくなったとは感じています」と語る。

 一方で、ほかのフェスの多くが中止になったこと、緊急事態宣言中で感染拡大が収まらないことで、フジロックの開催可否については、多くのメディアで賛否両論が飛び交う注目度だった。

「開催した以上は、仮に感染者が出たとしても毅然と受け止める覚悟で良かったのでは。無事や成功をことさら強調しようとの主催側の力みから、“勇み足”をしてしまった感が否めない」(前出・レコード会社関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン