芸能

様変わりする「イケメン」の捉え方 マルチな才能の持ち主に脚光

菅田将暉

俳優、歌手、ラジオパ-ソナリティとマルチな才能を発揮する菅田将暉

 時代ごとに理想の男性像や“かっこいい男”の判断基準は異なるものだ。近年では、見た目だけでなく中身も重視される時代になり、“イケメン”というものの捉え方も変わっている。2000年以降、どんな“イケメン”が人気を博してきたか、振り返る。

女性の社会進出が当たり前になり、年下くんブームに

 21世紀に入ると、携帯電話が登場し、デジタル化が進み、ITバブルへ。世代・トレンド評論家の牛窪恵さんはこう話す。

「IT起業家が注目を集め、彼らのように最先端の仕事をし、都心の高層マンションに住む人たちが注目を集めましたが、このバブルもすぐに弾けます。女性たちは寿退社をせず、働き続けるのが当たり前になり、自分を成長させ、高めてくれるような才能のある男性に惹かれるようになります。

 2000年に『桜坂』がヒットした福山雅治さん(52才)は、俳優、シンガーソングライターとして活躍し、ラジオでは下ネタを言うフランクさも支持を集めていきます。

 一方、仕事で疲れて帰ってきて、頭を“よしよし”となでてくれる男性を求める女性も増え、2003年の松本潤さん(37才)のドラマ『きみはペット』(TBS系)が話題に。超エリートウーマンが、年下男子を家に住まわせ、愛でて癒される、という設定が共感を呼び、“年下くんブーム”が巻き起こりました」

マルチに活躍できる男性が支持を集め、イケメンの定義も様変わり

 ツイッターやインスタグラムなど、SNSの出現により、「かっこいい人たちの活躍の場が、テレビだけではなくなった」とテレビ業界に詳しいコラムニストの木村隆志さんは言う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン