• TOP
  • 芸能
  • 百恵さんが理解「妻で母で芸能人で」長男夫婦が選んだ自分とは違う道

芸能

2021.10.31 16:00  NEWSポストセブン

百恵さんが理解「妻で母で芸能人で」長男夫婦が選んだ自分とは違う道

キルトの製作などの活動でも話題の百恵さん

百恵さんは息子と孫にとってどんな存在になるのか(写真は2020年)

 あの三浦百恵さん(62才)が、いよいよおばあちゃんになる。昨年6月12日に、長男で歌手の三浦祐太朗(37才)が、歌手で声優の牧野由依(35才)と結婚。10月13日に、牧野が公式Instagramで、「私事ではございますが、この度、新しい命を授かりました。出産は来年の3月を予定しておりますが、無事安定期に入り体調が安定してきたことと、お腹の子の成長に伴い日に日に体にも変化がでてまいりましたので、この度、皆さまにご報告させていただく事となりました」と報告した。

 その上で「できる限り今まで通り精一杯務めさせていただければと思います」と、出産直前まで仕事を続けることも表明。12月にも、15枚目のシングル「エスペーロ」の発売も控えていて、声優業でもひっきりなしに出演オファーがきているだけに、なかなか休めないのも実情だ。牧野を知るあるレコード会社関係者は「出産後も、体調と相談しながら仕事は続けることになりそうです」と明かした。

 周知の通り、百恵さんは、芸能活動の絶頂期だった21才のときに俳優の三浦友和(69才)と結婚して、引退した。後年、何度もNHK紅白歌合戦から出演オファーを受けたが、全て断り、二度と表舞台には戻らない人生を選択してきた。

 当時は、その潔さ、専業主婦に徹する姿で多くの称賛を浴びてきたが、それを姑として息子の妻に強要することは全くないという。今月には、『女性自身』に「三浦友和・百恵夫妻が34年で自宅のローンを完済。リフォーム中」と報じられた。昨年10月には、祐太朗が実家のある東京都国立市の観光大使に委嘱されたこともあり、長男夫婦が国立に戻ってきて、友和の両親と3世代で同居する可能性が高いといわれている。

 前出のレコード会社関係者は「もしかしたら百恵さんが、ばあばとして初孫の面倒を見るつもりなのかもしれませんね。だとすると、出産後、牧野さんは仕事復帰がしやすくなります。同じ女性でも、ご自身とは違う道を歩むお嫁さんを優しくサポートされている。それこそが、自分も一世を風靡した元スターアイドルだったにもかかわらず、夫と2人の息子さんの芸能活動を長く支えてきた、百恵さんらしい生活なのでしょう」と話す。

 結婚から41年。長い間、家庭円満であり続ける百恵さんの生き方は、昨今の多様化する価値観の中にあっても、今も不変の尊さであり続けている。

関連記事

トピックス