ライフ

【新刊】ジェンダーの檻をコミカルに読ませる『選んだ孤独はよい孤独』など4冊

『選んだ孤独はよい孤独』

『選んだ孤独はよい孤独』

 読書の秋、おうち時間が充実するおすすめの新刊4冊を紹介しよう。

『東京ゴースト・シティ』

東京ゴースト

『東京ゴースト・シティ』

バリー・ユアグロー著/柴田元幸訳/新潮社/2420円
フードライターの伴侶と来日したユアグロー。旅を愛する作家のユーモア溢れる奇譚集になるはずだったがコロナで事態は一変。マスクをつけ、こそこそコンビニに出入りし、市川崑の前回のオリンピック記録映画を居室で見るはめに。そこに登場する太宰や菅原文太や三島由紀夫らの幽霊。著者がこんなディープな日本通だったとは!? 猥雑でモダンな東京の魅力を再発見する。

『ブルースRed』

『ブルースRed』

『ブルースRed』

桜木紫乃/文藝春秋/1650円
8人の女達が影山博人を語る『ブルース』の続編。写真家の道を絶ち、義父博人の復讐を果たし、釧路の政財界を牛耳る黒幕となった影山莉菜。博人のDNAを持つ武博が国の赤絨毯を踏むまでの“雑草刈りと整地”という20年計画を粛々と実行する。博人はかつてこう言った。“男と違って女のワルにはできないことがないからな”。女の情念が交錯するノワールに終始ゾクゾク。

『傘のさし方がわからない』

『傘のさし方がわからない』

『傘のさし方がわからない』

岸田奈美/小学館/1430円
本に写真が差し込まれている。子供を抱きボルボの横に立つ若い夫婦。免許証を持たない著者は前著の印税など全財産をはたいてこのボルボを購入した。在りし日の父を偲び、車椅子用に改造して母の足となるように。大学生でベンチャーに就職し、精根尽き果て、好きな人(母とダウン症の弟)と好きなこと(文章を書くこと)をして暮らしていくと決めた著者。新世代の人生論でも。

『選んだ孤独はよい孤独』

山内マリコ/河出文庫/748円
地元の仲間達といまだにつるんでいる30代のホモソーシャル男、男を支配したがる花音との恋愛体験でミソジニー(女嫌い)になってしまった男子高校生、広告代理店に勤務する“デキる男”の化けの皮、先輩の「逃げろ!」で職場をトンズラした男の後日譚。短編あり、掌編あり、3行小説あり。スタッカートの効いた配置と、異議申し立ての爪を隠した柔らかな語り口を楽しんで。

文/温水ゆかり

※女性セブン2021年11月4日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン