ライフ

秋田のシニアeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」 大会出場目指す

日夜訓練を重ねる。マイク付きヘッドセット、キーボード、マウスは契約スポンサーから提供

日夜訓練を重ねる。マイク付きヘッドセット、キーボード、マウスは契約スポンサーから提供

 世界各地で急拡大しているeスポーツの熱狂の波が、日本のシニア層にも押し寄せている。eスポーツとは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、コンピューターゲームやビデオゲームで対戦する競技を指す。欧米、韓国、中国で広まり、海外では数億円の賞金を稼ぐプロ選手も存在する。2022年に中国で開催されるアジア競技大会では正式競技に採用された。

 日本では若者中心に競技者層が広がっているが、高齢者の健康維持や地域活性化にeスポーツを活用する動きが各地で増え、真剣に取り組むシニアが増加中だ。今年9月には、日本初のシニアeスポーツプロチーム「マタギスナイパーズ」が秋田県で発足した。平均年齢68歳。彼らが練習する秋田市内のトレーニングセンターを訪ねた。

「皆さんプロは勝ちを目指さないといけません!」

 20代の監督が檄を飛ばすと、「オーッ!」と元気な声が上がる。チームはIT企業エスツー(秋田市)が運営し、65~73歳の選手12人とジュニア枠(64歳以下)2人の計14人で構成する。今年6月から募集し、ほぼ全員が初心者だが、シューティングゲーム「フォートナイト」などで公式大会出場を目指す。

「eスポーツ参入を決めた頃、スウェーデンのシニアプロチーム『シルバースナイパーズ』の存在を知り、高齢化率日本一の秋田県から日本初のシニアプロチームを生み出すことに意味があると考えたのが発端です。動画配信や広告で収入が得られるチームを作り、年金に加え、お小遣い10万円を稼げるようになるのが目標です」(エスツーの緒方無双総務部長)

 チーム練習で週1回、全体練習で月1回集まり、毎回3時間猛特訓する。さらに各自で週に数時間、自主練習を行なう。エバちゃん(67)は「昨年末に介護の仕事を引退後、次の人生の目標を探していた時にeスポーツと出合い、毎日が楽しい」と話す。メンバーからは「武器を覚え、戦略を考えることで脳が活性化する」と効果に驚く声も聞かれた。

撮影/太田真三

※週刊ポスト2021年12月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
【夜のレア写真】橋本環奈「うなじが輝いている!」「可愛すぎる」通行人が驚く妖艶な着物姿、松嶋菜々子とドラマ初共演ロケ現場
NEWSポストセブン
現地で配られていたチラシ
《壱岐市の高校生が遺体で発見》里親が50分にわたり告白「隼都くんの過去の家出」「台風の中、外で正座」の真相は
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相が決断しきれないのは「高市氏の背後の勢力」も関係?(時事通信フォト)
高市早苗大臣の放送法文書問題 岩盤保守層の支持失うのを恐れて岸田首相は更迭できず
週刊ポスト
麻薬特例法違反の疑いで警視庁に逮捕された道端ジェシカ容疑者(Instagramより)
MDMAで逮捕の道端ジェシカ容疑者「カエルの毒でデトックス」「嘔吐シーン」の不可思議な近況
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
残り2試合、山川の力が必要な時がくるはず(時事通信フォト)
侍ジャパン山川穂高、決戦直前の「生牡蠣ランチ」が波紋 「万が一があったらどうする」と怒りの声も
NEWSポストセブン
高身長、がっちりした体格の大谷亮平を目撃
【日韓の架け橋に】大谷亮平「”あわや事故”にも動じない」イケメン神対応の瞬間
NEWSポストセブン
関取29人のリアルな素顔(左から貴景勝、霧馬山、豊昇龍/時事通信フォト)
【大相撲・注目力士名鑑】NHK中継ではわからない 関取29人のリアルな素顔
週刊ポスト
逮捕された道端ジェシカ容疑者
道端ジェシカ逮捕で心配される「道端三姉妹」“唯一無傷”の長女・カレンへの「風評被害」
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【独占】テレ東退社の森香澄アナ 新たな所属先は「YouTuber事務所」
NEWSポストセブン
議論を呼ぶ「ペッパーミル」パフォーマンス(時事通信フォト)
高野連が異例の声明 東北高校「ペッパーミル」が野球ファンの支持を得られなかった背景は
NEWSポストセブン
テレビ業界にも波紋を呼んだ婚外デートの山本は、今後、どうなる
バレー元日本代表・山本隆弘「ディズニー婚外デート報道」でフジMC番組出演危機 番組広報は「現時点では未定」と回答
NEWSポストセブン