芸能

鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

2014年、映画『呪怨 −終わりの始まり−』の公開初日舞台あいさつに登場した鬼束ちひろ。主題歌を担当(時事通信フォト)

2014年、映画『呪怨 −終わりの始まり−』の公開初日舞台あいさつに登場した鬼束ちひろ。主題歌を担当(時事通信フォト)

 歌手の鬼束ちひろ容疑者が11月28日、東京・渋谷区で救急車を蹴ったとして、器物損壊の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。そもそもの発端はパチンコ店だったという。大手紙社会部記者が語る。

「渋谷区のパチンコ店で20代の友人が突然、けいれんを起こして倒れたそうなんです。心配した周囲の人や鬼束さんが救急車を呼んだそうで、ここまではむしろ鬼束さんの友達思いの行動なのですが、駆けつけた救急車を鬼束さんが突然、蹴り始めたようなんです。それで器物損壊で逮捕となりました。救急車の前で泣き叫ぶ女性がいたという目撃談もありました。救急隊員が車両の写真を撮っていたようなので、目に見える形で救急車が破損してしまったのかもしれません」

 救急車到着時、鬼束が何らかのトラブルに巻き込まれ、蹴ってしまうほど激昂したのかもしれない。

 このパチンコ店の常連客によれば、「この店は芸能人や女子アナウンサーも足繁く通う有名店で、今までトラブルがあったとは聞いていません」という。パチンコ店に状況を聞いたが、担当者は「倒れた人がいたことは事実ですが、逮捕の案件とうちは関係ないので、何もお話することはありません」と答えるのみだった。

 2000年に歌手デビューした鬼束は、その年にリリースした2枚目のシングル『月光』で一躍脚光を浴びた。力強い歌声と独特の世界観を持つ表現力で、多くのファンを魅了したが、一方で、プライベートでの話題も事欠かなかった。

「2003年に声帯結節になった頃から休業状態に。事務所を何度か移籍した後、活動を再開しましたが、2010年には同棲中だった男性から暴行を受け、顔面骨折などで全治1か月の重症を負い、世間を驚かせました。自伝的エッセイでは、過去にマネージャーの車のフロントガラスを素足で蹴破ったことを綴っていて、喜怒哀楽が激しいタイプと見られています」(芸能関係者)

 それでも昨年デビュー20周年を迎え、今年2月には23枚目のシングル『スロウダンス』もリリース。精力的に活動を続けていた矢先の出来事だった。

関連記事

トピックス