芸能

鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

2014年、映画『呪怨 −終わりの始まり−』の公開初日舞台あいさつに登場した鬼束ちひろ。主題歌を担当(時事通信フォト)

2014年、映画『呪怨 −終わりの始まり−』の公開初日舞台あいさつに登場した鬼束ちひろ。主題歌を担当(時事通信フォト)

 歌手の鬼束ちひろ容疑者が11月28日、東京・渋谷区で救急車を蹴ったとして、器物損壊の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。そもそもの発端はパチンコ店だったという。大手紙社会部記者が語る。

「渋谷区のパチンコ店で20代の友人が突然、けいれんを起こして倒れたそうなんです。心配した周囲の人や鬼束さんが救急車を呼んだそうで、ここまではむしろ鬼束さんの友達思いの行動なのですが、駆けつけた救急車を鬼束さんが突然、蹴り始めたようなんです。それで器物損壊で逮捕となりました。救急車の前で泣き叫ぶ女性がいたという目撃談もありました。救急隊員が車両の写真を撮っていたようなので、目に見える形で救急車が破損してしまったのかもしれません」

 救急車到着時、鬼束が何らかのトラブルに巻き込まれ、蹴ってしまうほど激昂したのかもしれない。

 このパチンコ店の常連客によれば、「この店は芸能人や女子アナウンサーも足繁く通う有名店で、今までトラブルがあったとは聞いていません」という。パチンコ店に状況を聞いたが、担当者は「倒れた人がいたことは事実ですが、逮捕の案件とうちは関係ないので、何もお話することはありません」と答えるのみだった。

 2000年に歌手デビューした鬼束は、その年にリリースした2枚目のシングル『月光』で一躍脚光を浴びた。力強い歌声と独特の世界観を持つ表現力で、多くのファンを魅了したが、一方で、プライベートでの話題も事欠かなかった。

「2003年に声帯結節になった頃から休業状態に。事務所を何度か移籍した後、活動を再開しましたが、2010年には同棲中だった男性から暴行を受け、顔面骨折などで全治1か月の重症を負い、世間を驚かせました。自伝的エッセイでは、過去にマネージャーの車のフロントガラスを素足で蹴破ったことを綴っていて、喜怒哀楽が激しいタイプと見られています」(芸能関係者)

 それでも昨年デビュー20周年を迎え、今年2月には23枚目のシングル『スロウダンス』もリリース。精力的に活動を続けていた矢先の出来事だった。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト