スポーツ

『サンモニ』張本勲氏の後継者問題 有力候補の球界大物OBたちを直撃

後継者は誰になる?(写真/共同通信社)

後継者は誰になる?(写真/共同通信社)

 サンデーモーニング“喝”を入れる姿も、年内で見納めになる。野球評論家の張本勲氏が『サンデーモーニング』(TBS系)の「週刊 御意見番」を年内で卒業することが発表された。歯に衣着せぬ発言が度々物議を醸したが、東京五輪で金メダルを獲得した女子ボクシングの入江聖奈選手について「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」とコメントしたことが“決め手”になったようだ。

 気になるのが、張本氏の「後継者」問題だ。

「すでにネット上などでは上原浩治や藤川球児ら若手解説者から、江本孟紀、堀内恒夫、達川光男ら大物OBの名前も挙がっている」(スポーツ紙デスク)

 当人たちはどう考えているのか。名前が挙がった達川氏に聞いた。

「オレが候補? ないと思うけど、もし話が来てもオレじゃ無理よ。喝を入れるのに(現役時代の)成績が悪すぎる。もちろんいい番組なので話があればやってみたいけど、オレがイチローや大谷翔平に“カ~ツ(喝)”なんて入れられると思う? 張さんの成績だから言える。成績でいえば落合(博満)さんなら文句はないけど、ボソボソしゃべるからね。中畑(清)さんがいいんじゃないの。江本さんと組むとかさ」

 達川氏が推薦する中畑氏は“本命”と目される一人だ。というのも、卒業発表の回にゲスト出演し、「代打・中畑行きますか?」と発言するなど意欲を見せていたのだ。

 本人に本心を聞いた。

「オレはないよ。土日は他局(テレビ東京)で夜中まで出演しているからね。体力的に厳しいから『サンデーモーニング』にはシーズン前とシーズン後の年2回しか出演していないのよ。これからもゲストとしてお邪魔します。張さんの後継者はある程度年配者でないとダメじゃないかな。憎まれ役もしないといけないし、あの役割を担える人はそうはいないよ」

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン