芸能

『ザ・ベストテン』生歌・生演奏が基本 中継でも生バンドにこだわる

黒柳徹子の司会でおなじみの『ベストテン』(写真は黒柳徹子のインスタより)

黒柳徹子の司会でおなじみの『ザ・ベストテン』は生歌にこだわった(写真は黒柳徹子のインスタより)

 20世紀を代表する音楽番組と言えるのが、黒柳徹子の司会でおなじみの『ザ・ベストテン』(TBS系)だろう。1981年9月17日放送回では視聴率41.9%という驚異的な数字を叩き出し、もはや伝説となっている。

 毎週ヒット曲をランキング化して発表する同番組では、スタジオに来られない歌手を全国津々浦々まで追いかけ、現地で歌ってもらったのも醍醐味だった。同番組元ディレクターの宇都宮荘太郎さん(68才)は話す。

「番組開始当初は、国内中継でさえ、当時の日本電信電話公社と事前交渉し、時間限定で回線を確保しなければ簡単にはできない時代でした。

 時間がずれたら回線が途切れるリスクがある状況下にもかかわらず、この番組は、新幹線や駅のホーム、空港の滑走路などで歌ってもらう離れワザの生中継を数多く敢行しました」

 番組スタッフや中継先の地方局の努力と苦労があって、臨場感ある映像が生まれた。芸能ジャーナリストの渡邉裕二さんが言う。

「全国的な生中継にはTBS系JNNの地方系列局の協力が欠かせません。全国放送の音楽番組は、地方局の制作陣のモチベーションも上がって、スタッフ育成や制作力アップにもつながった。これも“ザ・ベストテン効果”です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン