芸能

実力と個性で頭角表す古川琴音 濱口竜介監督の演出術に表れる“真価”

古川琴音

この数年で一気に知名度を上げた古川琴音

 古川琴音、渋川清彦らが出演する現在公開中の映画『偶然と想像』。「偶然」をテーマとした3つの短編からなる本作は、濱口竜介監督(43才)ならではの演出に俳優陣の好演も加わり、国内外で話題を呼んでいる。特に注目なのが、このところ一気に頭角を現している若手俳優・古川琴音(25才)だ。出演作ごとに輝きを増している古川の魅力について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 濱口竜介監督の最新作『偶然と想像』は、『魔法(よりもっと不確か)』『扉は開けたままで』『もう一度』という異なる3つの短編によるオムニバス映画。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された映画『寝ても覚めても』で商業デビューを果たし、『ドライブ・マイ・カー』で2021年カンヌ国際映画祭にて4冠を獲得、さらにはゴールデングローブ賞で非英語映画賞を受賞するなど、作品ごとに高い評価を得てきた濱口監督作品とあって、公開前から話題を呼んでいた。

 いまや世界的に注目を浴びる濱口作品では、やはりキャストも魅力的だ。『魔法(よりもっと不確か)』には、昨年放送されたドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)で注目を集めた玄理(35才)や、Netflixオリジナル映画『浅草キッド』の中島歩(33才)が出演。『扉は開けたままで』には、ドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)での刑事役が話題の渋川清彦(47才)に、森郁月(33才)、甲斐翔真(24才)らが登場。『もう一度』では、濱口組の常連俳優である占部房子(43才)と河井青葉(40才)が共演し、珠玉の短編集のラストを飾るに相応しい好演を刻んでいる。その中でも特に心惹かれるのが、『魔法(よりもっと不確か)』で主人公・芽衣子を演じた古川琴音の存在だ。

 古川は、メインキャストの中で最年少。3作品のうち、映画の顔ともなる1作目で主演を務めていることから、デビューからまだ4年しか経っていない彼女にとって本作への出演は“大抜擢”と言えるだろう。演じる芽衣子は口が達者で頭の回転も早く、どこか好戦的でひょうひょうとした人物。先輩俳優2人を相手取り、ウィットに富んだ会話劇を繰り広げている。観客の想像を超える芽衣子の言動は脚本の要請によるものもあるだろうが、この一筋縄ではいかないキャラクターを魅力的なものとしている。

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン