芸能

映画『るろうに剣心』衝撃の血しぶきシーンはどう作られたか

時代劇史上でも屈指なほどに美しいシーンはどう作られたのか

時代劇史上でも屈指なほどに美しいシーンはどう作られたのか

 近年に大ヒットした映画やテレビドラマには、実は重要な役割を果たしているディテールがある。本連載では、それを創ったスタッフの方に製作の裏側をうかがい、彼らの「技」を掘り下げていく(本稿は作品終盤の展開に関して明らかにしている内容が含まれています)。

 最初に取り上げるのは、2021年に公開された映画『るろうに剣心 最終章The Beginning』(大友啓史監督)の「血しぶき」。本作のアクション――特にラストの雪の中での決闘における血の表現は時代劇史上でも屈指なほどに美しく、「激しさ」ばかりを重視しがちだったそれまでの同シリーズと明らかに一線を画すものがあった。

 中でも剣心(佐藤健)が巴(有村架純)を斬った際に巴から舞い上がる血は、悲劇の結末を彩る悲壮美に満ちていた。

 人気のシリーズの最後を見事に締めくくっていたこの「血しぶき」を創ったのは、VFXディレクターの白石哲也氏をはじめとするCGチームの手によるものである。

 * * *
白石:公開が延期になったことで、「そういう時間はあるなら、もっといろいろやっちゃおう」と、あのシーンを追求する時間もできたんです。

 そこでまずこだわったのは、巴から最初に血が出るところです。鮮烈に見せたかったので、「破裂する血」みたいな表現を多めに入れています。

――まず血の出方によって観る側をハッと驚かせるわけですね。

白石:剣心が巴を斬ったという衝撃的なシーンですから、血でもその衝撃を表現したかった。リアリティはもちろん重視していましたが、ここは鮮烈さが大事だと思いまして……。

――たしかに、それによって「取り返しのつかないことになった」という状況がビジュアルとしてハッキリと伝わってきます。

白石:剣心は死ぬ想いでその一撃を繰り出して、その一撃を巴が受け、もう助かる見込みがないほどに血が出てしまった。あの場面は、そこまで持っていかなきゃいけなかったんです。

――そこでハッとさせておいて、今度は静かに死に向かっていきます。空中を血が舞い、雪の上を血が流れる。「これぞ時代劇」というべき美しさでした。

白石:破裂するように飛び出した血が引きの画になった時に細かく散っていくことで、「血の涙」といいますか、そういう見せ方をしたかったんです。ふわーっと儚げに散って、雪の中に染み込んでいく……みたいな。

 ここはそもそもの画も綺麗でしたので、この構図を邪魔しないように繊細に血を入れていこうという想いがありました。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト