芸能

映画『るろうに剣心』衝撃の血しぶきシーンはどう作られたか

悲劇の結末を彩る悲壮美に満ちていた

悲劇の結末を彩る悲壮美に満ちていた

素材としての「血」を撮る

【雪の中の決闘シーンをはじめ、本作の血しぶきは時代劇史上でも屈指の美しさであった。それはVFX、つまりデジタル合成によって創られたものである。が、その血の動きには、明らかにデジタルとは異なる生々しさがあった】

白石:人斬りの話ですから、大友監督としては全体的に血の量を増やして、血の表現によって剣心の怖さを見せたいというのが前提としてありました。僕らCGのチームがそれを汲み取って、細かくこだわりながら作っていきました。

――特にこだわったのは、どのような点になりますか。

白石:3DのCGでゼロから作るのではなく、本編の撮影が終わった後で「血の素材」を撮らせてもらったんです。

――「血の素材」とは?

白石:血液素材みたいなものを空気圧縮して、コンプレッサーで出すわけです。それをグリーンバックで何パターンも撮って、それを後からシーンに合わせました。本編の撮影を撮り終えた段階で「こういうところに血を足したい」というイメージは僕の中にできていたので、特にキーになるショットに関してはカットに角度を合わせて撮っています。

――そうなると、コンプレッサーを使った血の出し方にも指示を?

白石:とりあえず出せばいいのではなく、風情も大事になりますからね。量、強さ、噴き出し方、全て計算しました。それに、長く出過ぎてもリアルではありません。

――その血の出方、美しさとリアルさのバランスが見事でした。意識されたポイントはありますか?

白石:人斬りである剣心の強さとスピード感ですね。

 今回はワンカットに対して最低でも三素材から四素材を撮っています。広がって飛んでいく血もあれば、シュパッと素早く細かく消えていく血もあります。そうした素材を剣心の動きに合わせて組み合わせていったんです。単純じゃない血の出方といいますか、動きのスピード感に合った出方を追求していったので、それが結果として、いいバランスになったんだと思うんです。

――個々の血の量も的確だったように思えます。

白石:血が出過ぎて笑われてしまうことは絶対に避けなくてはなりませんでした。そのバランスは細かく追求しています。ただ、剣心のアクションがとにかくカッコよかったので、その動きに合わせていけば変なことにはならないという安心感もありましたね。

◆聞き手・文/春日太一(かすが・たいち)/1977年生まれ、東京都出身。映画史・時代劇研究家

【プロフィール】
白石哲也(しらいし・てつや)/株式会社Spade&Co.VFXディレクター。映画・テレビドラマのVFXを担当。代表作は『るろうに剣心』シリーズほか、『マスカレード・ホテル』『孤狼の血』『全裸監督』ほか多数。

※週刊ポスト2022年2月4日号

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン