ビジネス

新聞記者のタレント化進む 記者同士がSNSで批判し合う“内ゲバ”も発生

SNSを利用している記者も多い(イメージ)

SNSを利用している記者も多い(イメージ)

 ネット動画大手Netflixが世界同時配信中の連続ドラマ『新聞記者』は、米倉涼子演じるエース記者が政府の公文書改竄事件を舞台に権力の闇に迫る姿を演じて話題を集めている。だが、当の新聞記者たちからは「いまどきあんな記者、いるわけないよ」とため息が聞こえてくる──。

 ネット時代になって紙面に目立つのが「署名記事」だ。かつては業界で「新聞記者は足で稼ぐ裏方、目立つタレント記者は邪道」といわれ、新聞の署名記事は海外支局の特派員電や編集委員の署名コラムなどに限られていたが、最近では一般記事も署名が多くなっている。これは“営業戦略”の変化だ。

「良い記事だと思った読者が、書いた記者の名前を挙げてネットで感想を述べて拡散させたり、記者の名前で検索して他の担当記事を読む、ということが増えている。だから署名を載せる機会が多くなったところもあります。記者のSNSでの発信も、以前は炎上騒動が多いからとどの社も消極的だったが、最近は朝日、毎日、産経などは逆に推奨している。各社とも、名前で記事の信頼感や関心を高められる名物記者をもっと増やしたいと考えている」(大手紙記者)

 社名で売れないなら、“タレント記者”を増産することで記事のPVを増やそうという戦略だ。

 一番積極的なのが朝日。ホームページでは、

〈朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています〉

 と謳い、自社サイトにツイッターをやっている記者のリストを載せて、署名記事からその記者のツイッターに飛びやすくしている。

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン