ライフ

大人のメイク術 カラーアイライナーでアクセント、ピンク系なら間違いなし

ディーアップの『シルキーリキッドアイライナー ピンクショコラ』

ディーアップの『シルキーリキッドアイライナー ピンクショコラ』

 ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未さんが、オトナのための美容情報を紹介。今回は、上品な血色感が加わるリキッドアイライナーについて教えていただきました。

 * * *
 私は大人の皆さんに、よくカラーアイライナーをおすすめします。理由は目尻などにちょっと足すだけでアクセントになるから、テクニックがいらないんです。

「すでに持っている」という人も多いかと思いますが、流行の色を1本買い足すだけでいまどき顔になりますよ。

 迷ったら、誰にでも似合うピンク系が間違いなし。マスクをしているとチークやリップが隠れて血色感がなくなる、という悩みも解消してくれます。

 なかでもちょっとブラウンぽいピンクは、なじみやすいのにアクセントになるし、普段のメイクにも合わせやすい。今回、おすすめするディーアップの『シルキーリキッドアイライナー ピンクショコラ』はまさにドンピシャ。ボルドーよりも甘さがありつつピンクよりビターな色みなので、さりげなく目尻に足しても違和感がありません。

 アイラインをまつげの際に沿って入れるのが苦手、という人でもラインの一部がまつげの際に接していれば大丈夫。際全体にラインを描こうとがんばるから難しくなるし、線が浮いてわざとらしくなっちゃうの。でも、目尻に足す場合なら、描き始めがまつげと接していれば、そこから上向きに描いても違和感なくなじむんです。この描き方なら簡単でしょ?

 カラーライナーは色のニュアンスを出してくれるんだけど、強さはあまり出ないの。つまり黒のアイライナーみたいに、目をくっきり見せる働きはないわけ。でも、大人ってくっきりさせたいじゃない? なのでどこかに短くていいので黒のラインを描き足して、引き締めるのもコツ。黒目の上に足せば目を丸く、目尻に足せば切れ長の目に見せられます。

 アイライナーは難しいと思い込んでいる人も、ちょっと足すだけでいいと思えばハードルが下がるはず。ブラウンピンクでカラーアイライナーデビューしてみてください!

【プロフィール】
山本浩未(やまもと・ひろみ)/ヘア&メイクアップアーティスト1964年生まれ。「今すぐ実践できる」を発信する、メイクの第一人者。

※女性セブン2022年2月17・24日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン