ライフ

直木賞受賞『塞王の楯』今村翔吾さんが語る「変わらない戦争の本質」

今村さん

今村翔吾著『塞王の楯』は直木賞を受賞

 落城の憂き目を知る匡介は、破られることのない城壁を築くことに心血を注ぎ、「塞王」と呼ばれる源斎の後継者と目されるようになる。一方、国友衆の鉄砲職人彦九郎は、天守閣をも崩すほどの鉄砲の威力を示せば戦はなくせると考え、改良を重ねる。

 人物の描き方が魅力的だ。大津城城主京極高次は、妻初の姉茶々が秀吉の側室という関係などで取り立てられたとして「蛍大名」と軽侮されがちだが、ひと味もふた味も違う、人間味あふれる城主像に描き直した。

「大津城の戦いで有名なのは石田三成側の立花宗茂です。宗茂は生涯ほぼ無敗の武将で、800対2万2000とか圧倒的劣勢でも勝ってきた。そんな超絶エリートと『蛍大名』が正面衝突して、結果的に開城しますが、関ヶ原の戦いの勝因の一つに挙げられるぐらいは粘ってます。高次がほんまのぼんくらやったら絶対そんなことにはならんやろう、と。

 そう考えて記録を当たってみると、高次のいろんな逸話が出てきて、小説に描いたような彼の前半生が浮かびあがってきました」

 史料がある部分は史実に即し、ないところでは存分に想像力をはばたかせる。たとえば物語の終盤、城をねらう大筒を破壊しようと決死隊が向かうが、小説で名前を読み上げられる人物がその日、命を落としたというのは記録にあるそうだ。

 石垣づくりの突貫作業を「懸」と呼ぶのは今村さんの造語だが、戦の最中に土木工事を行うことや、穴太衆が城内にこもることはあったらしい。匡介が石の声を聞くことができるという設定は、いかにも物語らしく思えるが、穴太衆の末裔で、現在も城壁の修復などを手がける建設会社の社長に取材して聞いた話から発想したという。虚実をない合わせ一本の糸にする手腕がたくみだ。

ぼくじゃなくても、と言う人ばっかりやったら──

 主人公の匡介を善、ライバルで敵役になる彦九郎を悪、という描き方もしない。京極高次と立花宗茂の関係においてもそうだ。

「どちらが正しいかを最後まで問い続ける小説なんで、絶対そうあるべきやと思いました。匡介だって、追い詰められれば人に恨まれるような行動を取ったりもします。

 誰かを守るためには誰かを傷つける。それが戦争の本質で、どの時代のどの戦争でも、同じやと思うんです。こういう書き方は直木賞の選考ではマイナスになるかな?とも思いましたけど(笑い)」

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン