ライフ

直木賞受賞『塞王の楯』今村翔吾さんが語る「変わらない戦争の本質」

今村さん

作家であり書店の経営者でもある今村翔吾さん(撮影/政川慎治)

【著者インタビュー】今村翔吾さん/『塞王の楯』/集英社/2200円

【本の内容】
越前・一乗谷城が織田信長の猛攻で落城。家族を失った匡介は、石垣造りを生業とする穴太衆・飛田屋の頭で「塞王」と呼ばれる飛田源斎に助けられる。源斎は、石の目を見る匡介の才能を見抜き、後継者に指名。匡介は「絶対に破られない石垣」をつくることで戦乱の世を終わらせようとする。一方の鉄砲職人の彦九郎は「どんな城も落とす砲」をつくれば戦争はなくなると考えた。秀吉の天下統一で平和が訪れたかに見えたが、その死で徳川家康率いる東軍と、石田三成率いる西軍の全面対決が迫る。その前哨戦となった大津城の戦いで、匡介と彦九郎が激突。誇りをかけた戦いの火ぶたが切られた──。

偶然と言えば偶然で、全部が滋賀に集まっていた

 絶対に破られない城の石垣と、どんな城をも落とす鉄砲。楯と矛を表す「矛盾」という故事成語そのままに、完璧なものをつくろうと、己の仕事に命を懸けた2人の男の運命が決戦の日にぶつかり合う。

 今村翔吾さんの直木賞受賞作『塞王の楯』はクライマックスで、関ヶ原の戦いの前哨戦となった慶長5(1600)年の大津城の戦いを取り上げる。

 現在の滋賀県、当時の近江の国には、穴太衆という石垣を積む職人集団がいた。さらに、国友衆という、日本を代表する鉄砲づくりの職人集団もいた。

 今村さん自身も滋賀県大津市在住だが、地元だからこの戦いを取り上げたわけではないという。

「『塞王の楯』を書き始める前に、韓国軍のレーダー照射問題があったんです。専守防衛であるとか、防衛や軍事の話がよくニュースに取り上げられていて、この平和や戦争、抑止力といったテーマを歴史小説で表現できないか、と思ったんですね。戦国時代に、矛にあたるものはたくさんあるけど、守るということに関しては穴太衆しかない。滋賀で、取材もしやすいし、ラッキーとは思いました(笑い)。対になるものとしては、鉄砲の国友衆がいるじゃないかと。穴太衆と国友衆がぶつかり、国友衆の大筒が使われた戦いというと、大津城の戦いしかない。偶然と言えば偶然で、全部が滋賀に集まっていたんです」

 主人公の匡介は、越前(福井)一乗谷の象嵌職人の子として生まれるが、一乗谷が織田信長の軍に攻め込まれたときに家族を失う。石垣づくりのために来ていた、穴太衆の飛田源斎に救われる。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン