スポーツ

ワリエワ引退危機「ロシアフィギュア黄金世代」がプーチンに潰される可能性

絶望的な強さを誇ったワリエワ選手は、このまま消えてしまうのか…(時事通信フォト)

絶望的な強さを誇ったワリエワ選手は、このまま消えてしまうのか…(時事通信フォト)

 ロシアのウクライナ侵攻は、あらゆるスポーツ界にまで影響を及ぼしている。

 国際柔道連盟は、ロシアのプーチン大統領の名誉会長職を停止。3月のサッカーW杯カタール大会の欧州予選プレーオフを控えるポーランド代表は、ロシア代表との対戦を拒否。FIFA(国際サッカー連盟)とUEFA(欧州サッカー連盟)もロシア代表チームとクラブチームの出場停止を決定した。スキー、ホッケー、バスケットボール、テニス、水泳……各競技が規制に踏み出している。

 そんな中、2月の北京五輪で話題をさらったフィギュアスケートも窮地に追い込まれた。国際スケート連盟(ISU)は、3月23日からフランスで開催される世界選手権への、ロシアとベラルーシの選手の参加を認めない決定を下した。

「これは、再起を図るカミラ・ワリエワ(15才)にとっては大ダメージです。ひょっとしたらこのまま引退してしまうかもしれません」

 あるスポーツ紙記者は、そう語る。北京五輪では、ロシアの団体戦金メダルに貢献も、直後には昨年12月のドーピング検査で陽性だったことが判明。世界中からバッシングを浴びる中、女子シングルに出場。初日のショートプログラムで1位も、フリーでは転倒連続の散々の演技で、金どころかメダルも逃す4位に終わっていた。

「演技直後には、コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏から強く問い詰められるパワハラシーンまで全世界に生中継されて、ドーピング疑惑に加えて師匠との確執騒動で、一時はメンタルがボロボロになったそうです。それでも実力は頭1つ抜け出ている。普通にやれば世界一だと、気持ちを奮い立たせて即練習を再開して世界選手権を目指していたので、お先真っ暗になってしまった」(スポーツ紙記者)

 それでなくても、ロシアは1年ごとにトップ選手が入れ替わるほどに世代交代が激しい。

 4年前の平昌五輪で金と銀を取ったアリーナ・ザギトワとエフゲニア・メドベージェワも、平昌後に早々に第一線から退いていた。3月2日には、金メダリストになったアンナ・シェルバコワ(17才)が、コーチに転身という事実上の引退を電撃表明。ワリエアと銀メダリストのアレクサンドラ・トルソワ(17才)にも、明るい未来は見えてはこない。

「そんな内情に加えて、ウクライナ侵攻が長期化して今後の国際大会から締め出され続けるとなると、モチベーションはもたなくなる。ワリエワ、シェルバコワ、トルソワという最強トリオは4年後も安泰とみられていたが、そんなロシアフィギュア界の黄金時代は、プーチン大統領によって強制終了させられてしまった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン