国際情報

プーチン大統領“実母”の秘密 当局が写真をすべて没収、取材しても放送できず

(写真/アフロ)

ウクライナ侵攻を命じたロシアのプーチン大統領(写真/アフロ)

 正午を少し回った頃、その男は“朝食”を口にしてゆっくりと一日をスタートさせる。メニューは大きなオムレツかオーツ麦のおかゆ。食後はプールで2時間ほど豪快にクロールで泳ぎながらひとり自国の未来に思いを巡らせるという。男の名は、ウラジーミル・プーチン(69才)。ウクライナ侵攻を命じ、全世界の注目を一身に集めるロシア大統領である。

「侵攻から4日目、ウクライナの首都キエフが陥落しないことにいら立ち、ロシアの核戦力部隊に臨戦態勢をとるように指示しました。降伏しないなら核攻撃も辞さない。プーチン氏の強硬路線が、最悪の事態を招こうとしています」(大手紙外信部記者)

 欧州の主要国が隣国に侵攻するのは、第二次世界大戦以来、初めてのことだ。プーチン氏はその大義名分として、「ウクライナ国内のロシア系住民を保護する必要がある」と主張している。侵攻以降、ウクライナの東部や首都キエフなどでは連日爆発音が鳴り響き、子供を含む多くの死傷者が出ていることが報じられている。

 一方で、ロシア国内でもプーチン氏主導の戦争に否定的な声が少なくない。侵攻前夜、ロシア軍関係の組織「全ロシア将校協会」が文書を発表した。そこには「これまでロシアがかかわった戦争は、外敵に攻められて仕方なく応戦した自衛戦争だが、今回は利己的な目的の戦争である」と書かれている。つまり、プーチン氏が自分の資産や財産、地位や名誉を守るための私利私欲の戦争ではないかと、糾弾しているのだ。

 プーチン氏の暴挙の裏には、ロシア国内では決して触れられることのないプライベートのタブーが存在する。プーチン氏の過去にはこんな抹消された“秘密”があると、まことしやかに囁かれている。

「プーチン氏の母親は、ほかにいるという説があります。大統領就任直前の2000年2月、隣国のグルジア(現ジョージア)に住む高齢女性が、プーチン氏の生みの親として地元の新聞やテレビに取り上げられました。この“実母”の証言が一冊の本にまとめられ、『ロシア大統領の秘められた経歴』というタイトルで出版された。しかし発売直後にロシア当局から発禁処分を受け、大半が破棄されました」(ロシア在住の日本人ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン