国内

海洋王国・日本を支える絶海の孤島 一般人が行けない沖ノ鳥島

東西に4.5km、南北に1.7kmの環礁のなかに浮かぶ沖ノ鳥島と観測所、灯台(写真内右)。島に上陸するためには小型のボートに乗り換える必要がある

東西に4.5km、南北に1.7kmの環礁のなかに浮かぶ沖ノ鳥島と観測所、灯台(写真内右)。島に上陸するためには小型のボートに乗り換える必要がある

 これまで日本領土の島々を撮り続けてきた報道写真家の山本皓一氏が昨年12月、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)で16年ぶりに実施された海域調査に同行。さらに、昨年11月に南西諸島で行われた防衛訓練も取材した。国境最前線の今を伝える。

 * * *
 日本最南端の島、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)は東京都心から1740キロ離れた絶海の孤島である。島は無人島で定期航路もなく、一般人が行くことはできないが、島の水没を防ぎ、日本の経済活動拠点であることを示すため、2011年より新たな港湾施設の建設が始まっている。

 2021年12月、東京都は東海大学と連携し沖ノ鳥島周辺海域の調査を16年ぶりに実施し、私も同行した。調査船は静岡県・清水港から3日間かけて現地に到着。荒天のため島への上陸はできなかったが、ドローンによる撮影や、海底地形の解析など、最新技術を駆使した情報収集が行なわれた。

 満潮時に海面からわずかにのぞくほどの「島」だが、この小さな島のおかげで、日本は国土の総面積を上回る、約40万平方キロメートルの排他的経済水域を確保している。海洋王国・日本にとって極めて重要な島であることは間違いない。

緊迫する南西諸島防衛の最前線

 南西諸島の防衛を担う「水機団」(陸上自衛隊水陸機動団)の水陸両用作戦が昨年11月、鹿児島県種子島で公開された。

 輸送艦「くにさき」から飛び出した水陸両用車(AAV7)が海中を進行する。「占領された島の奪還」を想定しているため浜辺には上陸を阻止する鉄骨の工作物が設置された。

 荒波のなかCRRC(クリック=特殊複合ボート)と呼ばれる高速艇を操縦する水機団隊員たち。最も小回りの利く隠密性の高いボートで上陸ポイントを探る。

 水機団の隊員らが、輸送艦「くにさき」に搭載している海上自衛隊の揚陸艇LCAC(エアクッション艇)に120ミリ迫撃砲RTを積み込む。

 水機団は2018年3月に2個連隊で発足。「他国に占領された離島の奪還」を想定した訓練は、いやがおうでも尖閣諸島問題を連想させるが、取材には新華社通信など中国系メディアも“参戦”し、海外からの関心の高さを裏付ける格好となった。

【プロフィール】
山本皓一(やまもと・こういち)/1943年、香川県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。「日本の国境」をテーマに撮影・取材を始め、「国境の島々」をテーマに、北方領土、尖閣諸島、竹島、沖ノ鳥島、南鳥島など全島の上陸取材に成功。2004年、講談社出版文化賞写真賞受賞。『日本人が行けない「日本領土」』『日本の国境を直視する1尖閣諸島』など著書多数。

撮影/山本皓一

※週刊ポスト2022年3月11日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト