芸能

『ワカコ酒』武田梨奈が語る「コロナ禍で感じた“外飲み”の価値」

ひとり飲みが好きな村崎ワカコを演じて7年

 女優・武田梨奈(30)が主演を務めるドラマ『ワカコ酒 Season6』(BSテレ東、毎週月曜深夜0時〜)が1月より放送中。“女ひとり酒”が大好きな主人公・村崎ワカコを7年間にわたって演じてきて、いまや武田自身も立派な酒飲みだ。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、飲食店は苦境に立たされている。放送中の『ワカコ酒』最新シーズンでは、居酒屋にエールを送るようなセリフもあった。ワカコ役として、ひとりの呑兵衛として、武田は“外飲み”のありがたみを熱弁する。

第9夜「イタリアンの料理教室へ」より(BSテレ東 3月7日深夜0時放送)

第9夜「イタリアンの料理教室へ」より(BSテレ東 3月7日深夜0時放送)

ひとり飲みを楽しむリアルワカコ

──ワカコ役を長年演じていますが、ずばり武田さん自身はお酒に強いタイプですか?

武田:弱くはないですね。

──「弱くはない」と言う人ほど強いイメージがありますが……?

武田:そうですよね(笑)。基本的に人前では酔わないよう意識しているので周りの人からは「お酒に強い」と思われているかもしれません。小さな失敗はあるんですけどね。お酒を飲んだあと、コンビニでカップラーメンを3つくらい買って食べてから寝たみたいで、翌朝起きて、「こんなに食べたっけ……?」と自分で驚いたことがありました(笑)。

──『ワカコ酒』に出演する前はそんなにお酒を飲まないほうだったと聞きました。

武田:あまり飲まなかったですし、グラス1杯のビールでほろ酔いになっていました。ワカコ役をやるようになって、自分でもひとり飲みをするようになりました。今はご時世的に難しくなってしまいましたが、コロナ禍前は仕事終わりにふらっと居酒屋に行くのが好きでした。店主の方からオススメを聞いたりして、いろいろ飲み比べしています。

すっかりお酒が好きになった

──リアルワカコですね。お店の人や他のお客さんにびっくりされませんか?

武田:それが全然気づかれないんです。お店の人から「ひとりで飲むなんて、ワカコ酒みたいですね」って言われて、「本当にワカコなんだけどな〜」って内心思うこともあります(笑)。

──目の前にワカコがいるのに! しかし、『ワカコ酒』をきっかけに声をかけられる機会も増えたんじゃないでしょうか?

武田:ロケのときに一般の方から「ワカちゃん」「ワカコ」と声をかけていただけます。私は女優として、ひとつの役柄を“本当に生きている存在”としてリアルに感じてもらいたいと思っています。なので、「ワカコ役の女優さんですよね」ではなく「ワカちゃん」と呼ばれることは役者冥利に尽きます。

役名で呼ばれて「役者冥利に尽きます」

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン