国際情報

ウクライナ侵攻を「プーチン氏の暴走」と結論付けることのリスク

(時事通信フォト)

国際社会の批判が高まるプーチン氏(時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、世界中が指摘するロシアのプーチン大統領の“暴走”について。

 * * *
 米国のバイデン政権が、プーチン大統領の精神状態の分析を最優先課題にしていると米メディアが報じたのは3月1日。プーチン氏が「妄想に陥り、追い詰められると暴発する危険性のある指導者」と米情報機関が解析したという。ウクライナへの攻撃は激化しているが、プーチン氏は本当に妄想に陥っているのだろうか。

 2015年にアスペルガ―症候群の可能性も指摘されていたプーチン氏。その彼が、「変わってしまった」というコメントを目にしたのは今年2月のことだ。2月7日、クレムリンでプーチン氏と会談したフランスのマクロン大統領が、こんな言葉を側近に漏らしたと報じられていた。「彼は3年前とは別人になってしまった。頑固で孤立している」。

 ロシアのウクライナへの侵攻が始まると、マルコ・ルビオ米上院議員は自身のツイッターに「プーチン氏は明らかに何かおかしい」とコメント。英インディペンデント紙にも「いくつかの神経学的、心理的問題を抱えているようだ」と述べたという。米国では政治家を中心に、「プーチン氏は変わった、おかしい」という声が上がっていく。プーチン氏が核の使用について言及したため、「常軌を逸している」と思われたのだ。

 一方、ジェームズ・クラッパー元米国家情報長官はCNNのインタビューで「プーチン氏は動揺している。彼の洞察力とバランス感覚が本当に心配だ」と述べ、8日には米下院の公聴会で、中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官が「プーチン氏は(現在の戦況に)怒り、いらだっている」という分析を明らかにし、同時に「精神状態は異常ではないと思う」と証言した。

 某情報番組にリモートで出演した元CIAの諜報員だというサイファー氏も、プーチン氏は変わったのではないかという質問にはっきりNOと答え、「20年間、彼は変わっていない」と言い切っていた。元外交官で作家の佐藤優氏も、文化放送のある番組でプーチン氏の行動について「暴走、独走じゃないんです」と述べている。

 さまざまな発言があるが、プーチン氏の精神状態が不安定になり、妄想に陥って暴走しているわけではないと私も考える。米の政治家らが「変わった」と言ったのは、自分たちにとって想定外の言動をするプーチン氏が理解不可能、制御不能になったと結論付けてしまえば、今の状況を理解しやすくなるという感覚があったのではないだろうか。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン