ライフ

本屋大賞ノミネート作品から『夜が明ける』『残月記』など注目の4作

book

バブル崩壊後世代のクロニクル。酷さが加速する社会に「NO」を!

 だんだんと暖かくなってきたこの季節。穏やかな空気の中で読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。この春に読みたい4冊の新刊を紹介します。「2022年本屋大賞」ノミネート作品から4作品をピックアップしました。

『夜が明ける』
西加奈子/新潮社/2035円

 フィンランドの異形の俳優アキ・マケライネンが好きな「俺」。高校で生き写しのアキこと深沢暁と出会い、ビデオを渡すと内気なアキも僕かと思ったと興奮する。アキは劇団へ、「俺」はテレビ番組制作会社へ。貧困、虐待、過重労働、マチズモにパワハラ。社会に対する著者の怒りが小説内では一転慈雨になり、2人の青年の肩を優しく濡らす。ただならぬ熱量で書かれた感動作。

book

ライバル同士の中に生まれる友情。就活ミステリーという新ジャンル

『六人の嘘つきな大学生』
浅倉秋成/KADOKAWA/1760円

 人気企業の最終選考に残った「男子4+女子2」の6人。全員採用もあるはずだったが、大震災の影響で採用は1名に。それも合議で選抜しろと言う。当日投票制が提案されるが、各人の裏の顔を暴いた6通の告発状が出現し……。前半は内定者が出るまでの密室神経戦、後半では8年後に合格者が落ちた5人を訪ねて告発の真偽と犯人を確かめる。最後まで気が抜けない青春ミステリー。

book

メルボルン生まれの絵が見つめた時と推移とハートフルな人々

『赤と青とエスキース』
青山美智子/PHP研究所/1650円

 交換留学生の「私」はパーティでメルボルン育ちの日本人ブーと知り合う。ブーは言う。みんなここを竜宮城だと思ってるんだ。それでいて「私」に帰国までの期間限定で恋人同士にならないかと言ってくる。合意した「私」は帰国直前にブーの友人の絵のモデルになるが……。エスキースとは下絵のこと。話者を変えながら一枚の絵画が時を繋いでいく。温かな読後感が著者の持ち味。

book

一党独裁の近未来にひっそり咲いた純愛記

『残月記』
小田雅久仁/双葉社/1815円

 月にまつわる異世界ファンタジー3編。圧倒的な質量に呑まれる表題作は、近未来の宇野冬芽が主人公。指定感染症の「月昂者」である冬芽は延命効果薬が与えられることから、時の独裁者が催す救国闘技会の剣闘士となる。悲しい生い立ち、母に似たルカとの出会い、処刑、生き延びて円空のように彫り物の旅を続ける冬芽。慟哭の、その先を月光に刻む物語宇宙。す、す、凄すぎる。

「2022年本屋大賞」ノミネート作品は上記4作品のほかに『スモールワールズ』(一穂ミチ)、『硝子の塔の殺人』(知念実希人)、『黒牢城』(米澤穂信)、『正欲』(朝井リョウ)、『同志少女よ、敵を撃て』(逢坂冬馬)、『星を掬う』(町田そのこ)の全10作品。大賞発表は4月6日。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年3月24日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン