スポーツ

得点力不足が深刻な巨人 他球団からは「打線に怖さがない」との声

すでに暗雲が立ちこめる原巨人(時事通信フォト)

すでに暗雲が立ちこめる原巨人(時事通信フォト)

「まだオープン戦」と悠長に構えていられるような状況ではない。巨人の得点力不足が深刻だ。3月15日終了時点で、オープン戦12試合を消化してそのうち10試合が3得点以下。3月5日の日本ハム戦から8試合連続2得点以下と打線が全く機能せず、オープン戦最下位に転落している。他球団スコアラーが厳しい評価を口にする。

「昨季の課題が全く解消されていません。坂本勇人(33)、丸佳浩(32)、岡本和真(25)、中田翔(32)、ウィーラー(35)と実績のある選手が並びますが、一発に頼った打線でつながりがない。ウチの投手に聞いたら『巨人は機動力がないので打者に集中できる。怖さはないですね』と言い切っていました。

 本来なら松原聖弥(27)、吉川尚輝(27)ら俊足の若手たちがチャンスメークを担う役割で一本立ちしなければいけないはずですが、松原は春季キャンプの実戦から精彩を欠き、オープン戦でも下位でスタメン起用されて結果を残せずに二軍降格。吉川も野球センスはチーム屈指ですが、走者を置いた場面で簡単に打ち上げるなどチームバッティングができない場面が目立つ。投手陣に不安を抱える中、打線が援護しなければいけないですがコンスタントに得点を取れる陣容ではない。うちのチームも、巨人戦は十分に戦えると思います」

 シーズン終盤に大失速した昨季も得点力の低さが指摘されていた。169本塁打こそリーグトップだが、552得点はリーグ4位というデータが物語っている。不動の4番・岡本が39本塁打、113打点で2年連続2冠王に輝き、23本塁打の丸、19本塁打の坂本ら、2ケタ本塁打を放った打者は6人出たが、2ケタ盗塁は松原と梶谷隆幸(33)の2人のみ。盗塁成功率を見ると、松原が68.2%、梶谷が57.9%と高い数字とは言えない。勝負どころの代走として起用されることが多い増田大輝(28)も8盗塁を記録した一方で、4度の盗塁失敗で成功率は66.7%にとどまった。

 ただ、巨人のチーム盗塁数が特別少ないわけではない。日本一に輝いたヤクルトはリーグトップの625得点を叩き出したが、盗塁数は巨人の65より若干多い70。阪神はリーグトップの114盗塁をマークしたが、総得点は541と巨人を下回る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン