ライフ

尿が出にくい「前立腺肥大症」を改善する新治療が保険適用に

「前立腺肥大症」を改善する新治療とは?(イラスト/いかわ やすとし)

「前立腺肥大症」を改善する新治療に朗報(イラスト/いかわ やすとし)

 夜間頻尿と並び、男性に多い排尿の悩みが、出そうとしても尿が出にくい溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん)だ。その原因の多くが、前立腺肥大症によるもの。前立腺が肥大して尿路が閉塞し、尿の出が悪くなる他に、前立腺に多く存在する交感神経が緊張して尿が出にくいケースも。治療は薬物療法以外に、前立腺を削る外科的治療があるが、今年4月に新しい低侵襲手術が保険適用となる。

 排尿後、少量の尿が漏れることがある。この排尿後滴下は尿道の長い男性に起こるが、病気ではない。男性が困る排尿の訴えは膀胱が膨らみ、排尿したいのに出にくい溢流性尿失禁。その原因の主たるものが、前立腺肥大症だ。

 前立腺は膀胱の出口付近で尿道を取り囲んでいる生殖器の一つで、前立腺液で精子に栄養を与えたり、保護する役割を担う。それが加齢により前立腺が肥大し、尿道を圧迫、尿が出にくくなる。前立腺肥大症で悩む人は全国で50万人以上と推測されているが、全員が医療機関を受診しているわけではない。

 東京慈恵会医科大学泌尿器科の古田昭准教授に話を聞いた。

「前立腺肥大は加齢に伴う変化です。なので肥大だけなら治療する必要はありません。ただ肥大することで中心を通る尿道が圧迫され狭くなり、尿の出が著しく悪くなることがあります。残尿感があり、何度もトイレに通う人もいます。また加齢で血圧も高くなりますが、それは交感神経が活発化するからです。前立腺にも大量の交感神経があり、常に緊張状態のため、尿が出にくくなります」

 前立腺肥大症治療の第1選択は薬物治療だ。前立腺を小さくする5α還元酵素阻害薬と、α1遮断薬の2種類がある。α1遮断薬は尿道の平滑筋にあるα1受容体にくっつき、交感神経の緊張を抑制し、尿道を広げて排尿を円滑にする。α1受容体は血管の平滑筋にもあり、元々は高血圧の薬として開発されたが、十分な効果が得られなかった。

 しかし、研究の途中で排尿がよくなるとの報告があり、最終的には前立腺肥大症による下部尿路閉塞を改善する薬として開発されたのだ。

 薬物療法で十分な効果が得られない場合には肥大した前立腺を内側から削り、尿道を広げる外科的治療を行なう。電気やレーザーなどで前立腺組織を削るため、出血のリスクや入院する必要がある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン