スポーツ

開幕4連敗の新庄日本ハム それでもファンが「最下位でOK」と応援するワケとは

4連敗も想定内?(時事通信フォト)

4連敗も想定内?(時事通信フォト)

 球界の話題をかっさらってきた「BIG BOSS」こと日本ハム・新庄剛志監督だが、シーズンに入ると案の定というべきか厳しい戦いが待ち受けていた。敵地・ペイペイドームでソフトバンクに開幕3連敗。地力の差を感じさせられる試合内容だった。さらに、札幌ドームでの本拠地開幕戦でも打線が振るわず西武に完封負け。25年ぶりの開幕4連敗となってしまった。その采配を巡って、関係者やファンの間では、さらなる議論が巻き起こりそうだ。

 奇異にも見えるところが多かった開幕3連戦の“ビッグボス采配”について、スポーツ紙記者はこう振り返る。

「ソフトバンク戦での3連敗という結果は仕方ない。ただ、選手の起用法や采配については『?』と首をかしげる場面が多すぎて戸惑うばかりです。奇襲を予告していた開幕投手にドラフト8位右腕・北山亘基を抜擢したのは予想の範疇ですが、この試合の中継ぎで先発の柱として期待される伊藤大海を2イニング投げさせている。

 2戦目でも先発ローテーションに組み込むと思われた左腕・河野竜生を救援で登板させて2回5失点と打ち込まれました。まだ開幕からわずかなので判断が難しいですが、先発、中継ぎの垣根をなくして起用し続けたら投手も力を発揮するのが難しいし、故障するリスクが高まる。スタメンも毎試合ガラリと変えていますし、目指す野球の方向性がまだ見えないですね」

 これまで新庄監督は「型破りな行動」で常に話題を提供し続けてきたが、シーズンに入っても「奇抜な采配」で驚かせた。

 開幕のソフトバンク戦の初回。先頭打者・今川優馬は3ボールからの4球目の直球を打って中飛に倒れた。相手先発は球界を代表するエース・千賀滉大。チャンスを作ることすら難しい右腕に対し、初回の先頭打者に制球が定まらず3ボールになれば、他球団なら「待て」のサインが出るだろう。だが、新庄監督は迷いなく打たせた。この打席については、野球番組などで解説者から厳しい意見が寄せられている。

 その後の試合展開を見ると、4回に石井一成の1号ソロで先制するも、8回に西村天裕が新外国人・ガルビスに満塁アーチを被弾して逆転負け。ロースコアの接戦だったこともあり、新庄監督が投入した投手の数は7人にも上った。西武、オリックスで監督を務めた伊原春樹氏は東京スポーツの連載で「こんな試合をやっていたらシーズン持たないよな……と心配にもなった」「見ている周囲は面白かったかもしれない。だが、ついていく選手は大変だ。各チームとの対戦がひと回りふた回りして、負けが込んだ時に、選手がついてきてくれるかどうか」と不安視する。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン