国際情報

プーチン大統領、北朝鮮亡命の可能性を専門家が指摘 「極秘トンネル」を利用か

プーチン大統領と金正恩総書記は蜜月で知られる(時事通信フォト)

プーチン大統領と金正恩総書記は蜜月で知られる(時事通信フォト)

 ウクライナ侵攻を続けるロシア軍が首都・キーウ(キエフ)から撤退したと報じられた。今後はウクライナ東部への部隊の投入を進めているとみられるが、この方向転換はプーチン大統領にとって想定外の事態だったと見方が多い。『プーチン 最後の聖戦』などの著書がある国際関係アナリスト・北野幸伯氏が語る。

「ウクライナ軍が健闘している理由は主に4つあります。一つ目は、ゼレンスキー大統領が逃亡しなかったこと。二つ目は、ウクライナ軍の士気の高さとロシア軍の士気の低さ。ウクライナ軍には、家族や同胞、母国を守るという絶対的正義がありますが、大義名分のないロシア軍は、命令系統の混乱もあって士気低下が著しい。三つ目は、欧米からの武器支援。特に携帯用対戦車ミサイル『ジャベリン』、携帯用地対空ミサイル『スティンガー』、軍事用ドローンの三つの武器がロシア軍を苦しめています。四つ目は、欧米からの軍事情報。ウクライナ軍は、米英軍から位置情報を与えられているようで、それによって効果的な奇襲をかけることができています」

 解放されたキーウ近郊の街で、ロシア軍による一般市民の虐殺が明るみに出たことを受け、欧米を中心にプーチン氏の「戦争犯罪」を追及する声が高まっている。窮地のプーチン氏にとって、敵はウクライナや国際社会だけではない。3月20日、ウクライナ国防省情報総局の公式フェイスブックは、ロシアのエリート層が毒殺や突然死などの方法でプーチン氏の「暗殺計画」を考えていると投稿した。

 内憂外患に陥っているプーチン氏の今後について、ロシアに詳しい筑波学院大学教授の中村逸郎氏はこう語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン