芸能

中川翔子「36才ランジェリー写真集が田中みな実超えか」逆襲のアイドル人生のなぜ

車はベンツ(レンタル)

昨年には水着も披露したしょこたんが写真集を出す(写真は2021年)

 芸能人YouTuberとしても、すっかり人気を確立して、現在のチャンネル登録者数は約85万1000人(4月21日現在)。いよいよトップYouTuberの証し、Googleから金の盾を授かることができる登録者数100万人まで、あと少しに迫ってきたのは、しょこたんことタレントの中川翔子(36才)。そのYouTubeでビキニ姿を披露して大好評を得た勢いで、10年ぶりの写真集制作も決意した。

 3月16日にAmazonと楽天で予約をスタートさせると、6月発売にもかかわらず、いきなり売上ランキング1位となった。本人も「レベル36(36才)にして写真集が出せること自体がミラクルなのに、すごい反響で感謝です」と大喜び。SNS上では「田中みな実超え」とまで期待される状況になっている。

 ある雑誌のグラビア編集者は「田中みな実さんが33才で出した写真集は60万部の売り上げで、最近20年間でナンバーワンだった乃木坂46時代の白石麻衣さん(29才)も超えて、大きな話題になりました」と振り返る。田中超えを期待する声もあるが、中川にもそれだけファンが多いということだ。

 きっかけは、昨年8月に『100億年ぶりの水着…。恥ずかし過ぎて泣きそう…。』とのタイトルで、YouTubeで公開した動画だった。ある芸能記者は「子供のころから遊びに行っていたという思い出の江の島ロケで、ビキニ姿を披露したところ、Eカップとバストと細いウエストのナイスバディーで視聴者を驚かせました。すぐにバズって、今までで1216万回再生(4月21日現在)。一気にグラビア需要が高まりました」と振り返った。

 もともと、ゲームやアニメなどの趣味を生かしたタレント活動で20年やってきた。「2004年からブログを始めて、まだ『オタク』というジャンルが今ほど一般的でなかった時代から、誰よりも早く堂々と発信してきた先駆者。造詣が深く、こだわりの強いサブカルチャーファンからも一目置かれる存在であり続けました。セクシーなコスプレも喜んで披露してくれるので、グラビアファンからも支持されているわけです」(前出・芸能記者)

 4月16日にも、公式インスタグラムにメイド喫茶のコスプレ姿を披露すると、あっという間に「宇宙一かわいい」「ご主人様になりたい」「似合ってます」と絶賛コメントで溢れた。

「人気獲得のために好きなフリをする“ビジネスオタク”ではないからこそ、多くの人々に認められる。しかも、36才にしてのナイスバディーも、1年前からダイエットに取り組んでの成果という努力家。人気が長続きする確かな要因を幾つも持っているわけです」(前出・グラビア編集者)

 さらに、信ぴょう性の高かった熱愛報道は、20年でたったの1回。2014年に俳優の小澤亮太(34才)との交際が報じられたが、「デビュー12年目で、ようやくの初ロマンス。相手がしょこたんの大好きな戦隊ヒーローの元主演俳優ということで、ファンも祝福する珍しいパターンでした」(前出・芸能記者)

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト