国内

安倍元首相秘書が立憲から参院選出馬「安倍さんから反応は全くないですね」

安倍晋三氏の元秘書・秋山賢治氏

安倍晋三氏の元秘書・秋山賢治氏

 7月の参院選、安倍元首相のお膝元・山口選挙区では安倍氏の元秘書・秋山賢治氏(52)が立憲民主党から出馬する。14年にわたって安倍事務所で私設秘書を務めた人物が反旗を翻したのだ。

 自民党現職の江島潔・参院議員も安倍側近だけに、側近と元秘書の“骨肉の戦い”となる。

 この秋山氏をスカウトしたのは、“バンド仲間”だった立憲民主党の酒本哲也・山口県議だと見られている。

「酒本氏は県議出馬前に、安倍氏の秘書出身の前田晋太郎・下関市長と一緒に地元フェスでブルーハーツのコピーバンドで共演していた。ドラムをやっていた秋山氏も昔からのバンド仲間です」(地元ミュージシャン)

 酒本県議にぶつけると、「前田市長とも、秋山とも昔からのバンド仲間です。そんなこと書くんですか?」と答えた。

 かつてのバンド仲間が、1人は安倍系の市長、もう1人は反安倍の立憲民主党の県議、そして3人目は安倍氏の元秘書から“敵”に転じた。音楽性の違いではなく、政治思想の違いで道が分かれたということか。

 4月13日の出馬会見で秋山氏は出馬の動機をこう語った。

「アベノミクスでふるさとの下関が衰退しているのを見たために、一強政治ではダメだと思い、その地元から声を上げることにした。昨年秋の衆院選では、私が勤務していた老健施設に安倍さんが来られて、その時にご挨拶はした」

 会見では今回の出馬について安倍氏から反応があったかどうか、質問が出た。

「全くないですね」

 元秘書の“裏切り出馬”を歯牙にもかけないという元首相の余裕ということのようだ。

※週刊ポスト2022年4月29日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト