芸能

新トレンドは「女性たちが言いたい放題」?今春、3番組がスタートした事情

女性タレントが大集合!

『トークィーンズ』は女性タレントが大集合!(HPより)

 今春、新しい番組がスタートしたが、「多くの女性タレントたちを集めたトーク番組」が3番組も誕生した。こうした番組の特徴と、今増えている理由とは? 時代のニーズとともに、テレビ局側の切実な事情もあるようだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 今春の番組改編で、それぞれ3日に『ドーナツトーク』(CBC・TBS系)、6日に『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)、7日に『トークィーンズ』(フジテレビ系)の3番組がスタートしました。

この3番組の共通点は、「たくさんの女性タレントを集めたトーク番組」「『女性たちが言いたい放題』というコンセプト」であること。

 ここ数年、テレビ朝日が田中みな実さんと弘中綾香アナさんの『あざとくて何が悪いの?』、日向坂46・齊藤京子さんとヒコロヒーさんの『キョコロヒー』、3時のヒロイン・福田麻貴さん、Aマッソ・加納さん、ラランド・サーヤさんの『トゲアリトゲナシ』、蛙亭・イワクラさんと吉住さんの『イワクラと吉住の番組』という女性メインのトーク番組を放送していましたが、今春の新番組は他局がそれを拡大させたような印象があるのです。

 3つの番組はそれぞれどんな内容で、なぜ今これほど増えているのでしょうか。

時代のニーズに合わせたコンセプト

 まず各番組の出演者とコンセプトをチェックしてみましょう。

『ドーナツトーク』は、女優の水野美紀さん、アナウンサーの鷲見玲奈さん、芸人のヒコロヒーさん、アーティストのAwesome City Club ・PORINさんという各ジャンルから集めた4人に加えて、オンラインでつないだ一般女性50人が出演。男性ゲスト1人を囲うような形で、「女性たちが思いのままに語り合う令和版・井戸端会議」というコンセプトでグループトークが行われています。

『上田と女が吠える夜』は、MC・上田晋也さん以外のレギュラーを「元気が有り余って吠えたい女性たち」という形であえて決めず、大久保佳代子さん、MEGUMIさん、若槻千夏さん、ファーストサマーウイカさん、平野ノラさん、横澤夏子さんらが週替わりで出演。さらに、モデルやアイドルなど幅広いジャンルの女性タレントを交えて、「世の中のあらゆる出来事や人に文句を言いまくる痛快デトックスバラエティー」というコンセプトで放送されています。

『トークィーンズ』は、指原莉乃さん、いとうあさこさんをMCに据え、アンミカさん、若槻千夏さん、高橋真麻さん、野呂佳代さん、ファーストサマーウイカさん、藤田ニコルさん、池田美優さん、生見愛瑠さん、3時のヒロイン、フワちゃんらバラエティのトーク巧者が週替わりで出演。「女性たちが男性ゲスト1人を質問攻めして丸裸にしていく」というコンセプトでグループトークが進んでいきます。

『上田と女が吠える夜』と『トークィーンズ』の出演者が一部かぶっているのは、よりトークのうまい女性タレントを集めようとした結果に過ぎないでしょう。実際、両番組の出演者たちは、ただ自由に話しているのではなく、「好感度を保ちながら毒を吐く」「笑いを交えてさまざまなものに噛みつく」という高いトーク技術を披露しています。

 また、注目しておきたいのは、両番組の放送枠で3月まで放送されていた『今夜くらべてみました』と『アウト×デラックス』の2番組。どちらも「さまざまな生き方がある」「いろいろな人がいてもいい」という多様性を尊重する当時の風潮を踏まえたコンセプトの番組でした。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト