ビジネス

ANA武漢発のチャーター便を指揮、感謝状贈られた空港所長が成田に凱旋異動

茂木敏充外相(当時)に表彰された5人(時事通信フォト)

茂木敏充外相(当時)から感謝状が贈られた(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの“感染源”とされた中国の武漢市で、現地に残された計828人の日本人とその家族を救ったのが、ANAのチャーター便だ。

 2020年1月、武漢市は感染拡大を受けて空港閉鎖を決定。ANAも武漢発着の定期便を運休させたが、在留する日本人を帰国させるため、政府チャーターを5便運航した。ANAのこの英断は賞賛を浴び、茂木敏充外相(当時)が直々に感謝状を贈った。表彰式はチャーター便運航に携わった機長ら5人のスタッフが外務省を訪れ、メディアでも大々的に取り上げられた。

 5人の“英雄”たちは、その後どうなったのか。

 ANAによれば、「チャーター便運航を受けての昇進などはなく、変わらず業務に励んでいる」(広報部)とのことだが、その中でひとり、凱旋帰国を果たしたスタッフがいた。当時、ANA武漢支店空港所長を務め、チャーター便全5便の搭乗などを指揮した鶴川昌宏氏(54)だ。

 鶴川氏は2021年4月付で成田空港勤務となり、現在は成田空港全体の運航に関する統括業務を行なっているという。鶴川氏が語る。

「コロナが落ち着いた2020年9月から武漢に戻り業務を再開していたのですが、昨年4月に日本帰任の辞令が出まして。当時、大臣に表彰されたのは身に余る光栄です。私はただ現場にいただけで、多くの仲間が頑張ってくれたおかげですから。一緒に表彰台に上がったメンバーとは、その後なかなか機会がなく会えていないんですけどね」

 もっとも、表に出て表彰されたのは5人だが、実際にはチャーター5便を飛ばすのには何百人ものスタッフが関わっていたという。

「運航許可を取るために日本・中国の関係各所と調整したスタッフ、空港や機内での感染防止対策の準備に奔走したスタッフ。あの“救出劇”はひとりひとりがそれぞれの持ち場で頑張った結果でした」(広報部)

 異国に取り残された同胞を救った英雄は、変わらず謙虚に自分の仕事と向き合っていた。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン