スポーツ

佐々木朗希が逆鱗に触れた「プロ野球審判」の知られざる”体育会系気質”

(共同通信社)

佐々木朗希と白井一行球審は一触即発の状態だった(共同通信社)

「令和の怪物」ことロッテ・佐々木朗希(20)が登板した4月24日のオリックス戦で、球審の白井一行氏(44)がとった“威圧行為”がいまなお物議を醸している。

 佐々木は前々回の登板(4月10日)で28年ぶりとなる完全試合を達成。前回の登板(4月17日)でも8回で降板するまでパーフェクト継続という投球を披露しており、この日の試合にも注目が集まっていた。問題になったのは2回裏、佐々木が投じた外角低めの直球がボールと判定された場面。ストライク判定でもおかしくない際どいコースだっただけに、佐々木は思わずマウンド前方へ2~3歩進み、苦笑いを浮かべた。すると白井球審が鬼の形相で佐々木に詰め寄り、高卒ルーキー捕手の松川虎生(18)が慌てて制止に入ったのだ。

 ネット上は〈白井球審が大人げない〉〈佐々木投手はまったく悪くない〉と佐々木擁護の声が噴出。球界OBからも賛否の声が挙がる中、当の白井球審は試合後、「別に話すようなことはない」とノーコメントだった。

 日本プロ野球選手会は4月28日、日本野球機構(NPB)に対し、選手への審判員の対応方法などについて問う質問状を提出する意向を明らかにした。白井球審の行為の是非はさておき、常にテレビ中継に映っているプロ野球審判員の実態というのはあまり知られておらず、そこに今回の騒動の“本質”が隠れているのかもしれない。長年にわたりプロ野球審判員を務め、現在は引退したA氏が語る。

「審判の世界は、選手と同等に上下関係が厳しいんです。たとえば新人の審判は試合後に先輩のシューズを磨くなど、伝統的な徒弟制度も残っています。審判団は5人ほどで班を組んで各球場を回るのですが、班長のベテラン審判が酒豪だったりすると、その下につく審判たちは遠征先で夜な夜な飲みに付き合わされる羽目になる。いわゆる体育会系のノリです」

 ジャッジに私情が入らないように選手やマスコミと飲みに行くことは禁止。試合中に選手や監督から判定への抗議を受けた際は、審判の威厳を保つために腰に手を当てて胸を張って対応する。そういった様々なルールも存在するという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン